【開店日ファーストロット】『夢を語れ八王子』でラーメンめんましブタましを食べてきた【二郎全店制覇済みのジロリアンが多分世界最速レビュー】

Pocket

2022年4月9日は夢を語れ八王子のオープン日でした。
というわけで、早速行ってきました。

場所

東京都八王子市上野町15-4


JR八王子駅から徒歩15分ぐらい。

店の外観


営業時間

2022年4月9日時点では特に言及無し?

メニュー


ラーメン900円
少なめ800円
汁なし950円
つけ麺1000円
めんまし100円
ブタまし250円
生たまご50円
チーズ100円
ギルティ100円
ウーロン茶100円
ゆでまたご100円
うずら2個50円
うずら5個100円
限定A1000円
限定B1100円
限定C1200円
持帰り豚1500円
Tシャツ3000円(ラーメン付き)
夢を語る0円

……ギルティとは何ぞや…

各種アイテム

2022年4月9日現在。
水はセルフ。
レンゲあり。
調味料等は一切なし。

麺の量・トッピングの種類等

麺増しで増やせる麺量は100グラム
トッピングの種類はニンニク・ヤサイ・アブラ・カラメ

うんちく

製麺機は↓


夢を語れは3年間で独立するor屋号を変えるというルールがあるので今回の店主による夢を語れ八王子店の営業は3年間限定

オープン時のロット数あたり5~6杯。
席数はブログ主の数え間違いじゃなければ11席?

お店の公式ツイッターアカウント




 

今回のレポっす

2022年4月9日は夢を語れ八王子がオープンの日です!

これは食べたい!

是非とも初日に食べたい!

12時オープンか……

うーん。夢を語れ千葉にオープン初日に行ったときは11時オープンで9時55分に到着したら前から30番目ぐらいだったしな……
10時ぐらいに行っても間に合うか???

……いや、同系列の歴史を刻め世田谷はオープン日に同じ感覚で行って、9時では完売宣告を喰らったから東京だと早めに行った方がいいかもしれないな……

というわけで、前日から迷った挙句、中途半端な朝7時20分に到着しました。

……あれ?誰もいない???

……並ぶか???

いや、、、、自分は夢を語れニワカだ……

自分が行った店舗なんて、埼玉(2021年に2回ぐらい)千葉(2021年に一回)、赤坂(2021年に一回)白山(2016年~から頻繁に)、京都の一乗寺(2010年頃に数回)、今はなき立川(2011年頃)ぐらいだ……

こんな自分がオープン日のPP(ポールポジション……いわゆる先頭の事)を取るのはふさわしくない。

というわけで、しばし散歩。

食前の運動という事で1時間半ぐらい散歩して
9時に店前に戻ると3人並んでいたので4人目として接続。

そういえば二郎ひたちなかのオープン日もファーストロットの4番目だったな…

4番目というのは縁がある数字なのかもしれない。

そして待つこと3時間。

時刻は12時ちょっと前。

店主さんの挨拶の後があってから遂にオープン!

さっそく入店。

まずは券売機で食券を購入。

そして、着席。

夢を語れでお馴染みの手作りのカウンターだ。

店内を見回すとやっぱり新しい店舗を感じさせる作り。

そして、ビックリなのは調味料が何もないという事。

ブログ主は調味料は使わないので問題ないが、
一切調味料がないというのはビックリ。

それだけ味に自信があるという事か?

期待をさせるじゃないか。

カウンター上段に食券を置き、
トッピングのコールが来て呪文を唱えると
12時17分 着丼!

写真は
ラーメン めんまし ブタまし
コールはニンニク アブラマシ

見た瞬間、正直思ったのは小ぶりなドンブリだな……という事。

先日歴史を刻め世田谷で600グラムを食べた際にすり鉢だったから尚更感じたのかもしれない。

まあ、昨今の小麦粉などの原価高騰の影響もあるのだろう。

文句は言えまい。

問題は味だ。

まずはアブラ。

アブラ増しにしたら別皿かと思ったが、千葉店と同様に別皿ではなくヤサイに振りかけるタイプ。

そのアブラをつまんでみると、やっぱり旨い。

甘みが出ていて最高。

そして、ヤサイ。

クタッとしたヤサイが甘く、実にブログ主が好むタイプの最高クラスのヤサイ。

そこに振りかけられている先のアブラと一緒に口の中に頬張ると最高の甘さのハーモニーが広がる。

ブタは脂身少な目のややカラメな赤身系の豚。

ブロック状のものまであって結構満足。

麺はオーション麺。

夢を語れにありがちなパツっとした麺ではないが、

麺と汁が絶妙に絡み合って、少しとろけた麺はまろやかな味わいを醸し出す。

口の中を幸せな気分にしてくれる。

汁は乳化度高め。

豚骨強めなマイルドな汁は完飲必須。

これは全体的にレベルが高い。
二郎及び二郎インスパイヤ系の中でもかなり上位にランクするラーメンだと確信できる。
ぶっちゃけ、オープンした12時時点では思ったより並んでいなくてビックリしたんだけど、
間違いなく旨いし、数週間経てば口コミで行列店になるでしょう。
完飲完食。パーフェクト!
ごちそうさまでした。
麺増し一つだと普通のジロリアンなら完飲完食は余裕かな。

 

他の二郎及びインスパイヤ系二郎の記事も書いているのでよかったらご覧ください。

ラーメン二郎&インスパ系 記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)