【これは旨い!】ラーメン荘歴史を刻め世田谷店で大豚ラーメン(麺量600g)を食べてきたのでレポ!【ローカルルールは?まさかのすり鉢!?】

Pocket

遂に行ってきました~
ラーメン荘 歴史を刻め 世田谷に!

というわけで、今回は歴史を刻め世田谷ネタです!

場所

〒157-0073 東京都世田谷区砧3丁目5−2

祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩15分ぐらい。

営業時間

昼11時~15時
夜18時~22時
※2022年2月26日現在は11時~15時、17時~20時。

店の看板

メニュー

ラーメン(豚2枚) 900円
豚ラーメン(豚5枚) 1100円
生卵 50円
チーズ 50円
お持ち帰り豚 1000円
麺増しは100円で無限に増やせます


なお、種類としては、ラーメンと汁なしがあります。

ローカルルール

※ブログ主が体験したことを基準に記載しているので間違っている可能性があります。あくまでも参考に留めてください。
1.まずは並びます。
並ぶ位置は写真を参考にして店の前の列を辿ってください。

並ぶ際は下記写真の内容に注意してください。

2.列の先頭の方まで来たら、店内の助手さんが出てきて麺の量の確認とラーメンの種類の確認(ラーメンor汁なしの選択)が入りますので回答します。
3.店内への入店のタイミングは助手さんの指示で決まるので、助手さんから指名され次第入店してください。
4.食券を購入してください。
5.箸、レンゲ、水、お手拭きを必要に応じて確保してください。
6.奥から着席してください。
7.食券をカウンター上段においてください。
8.トッピング確認(いわゆる『ニンニク入れますか?』)をされたら詠唱してください。
9.着丼
10.食べる!
11.食べ終わったら丼をカウンター上段に戻してテーブルを拭いてから退店。

ウンチク?

・本店は大阪の下新庄にあります。
・アブラマシのアブラがマジで旨いです。
・ちょっと他店よりも歴史を刻め系列は客の回転率が低めだけど、その分旨いです。
・ラーメン荘歴史を刻めの源流はラーメン荘夢を語れ(京都 一乗寺)ですが、現在のかかわりは不明です……というか、夢を語れがいつの間にか、店名からラーメン荘が消えている……
・店内BGMは高田リオン氏の曲だと思う。



結構個人的には好きな曲です。

お店の公式ツイッターアカウント

店主様のツイッターアカウント





では本日のレポです!

やっと行ってきましたよ!
ラーメン荘 歴史を刻め 世田谷(歴史を刻め世田谷)に……

2021年に歴史を刻め世田谷のツイッターアカウントを見つけてから
ずっと待っていましたよ。

歴史を刻めと言えばブログ主が初めて食べたのは本店での2010年9月4日の事でした。
当時、仕事の都合で半年ほど大阪の吹田市に住んでいまして、9月4日から引っ越しする12月末まで鬼リピートさせていただいておりました。

あれから12年……

大阪下新庄にある本店には2019年7月に一度、愛知県名古屋市の新栄店には2016年10月に一度訪問させていただいておりますが、
東京にも出来るのは嬉しい限りです。

というわけで、
開店日は2022年2月6日だったので2月6日に実は行ってきました。

……が、残念ながら食券配布時間に間に合わず……

9時半なら余裕だろ……とかなり甘く見た結果、大惨敗でした……

いや、、、歴史を刻めと同じ源流を持つ夢を語れ千葉の開店日に2021年9月行ったんだけど、
あの時は9時台で間に合った記憶があったから、多分行けるやろ???って
かなり甘い考えを持ちました……

そんなこともあって、
その後、開店から数日中に行きたかったんですが、
どうしてもブログ主の予定がちょっと合わずに
結局2月26日に訪問になってしまったと……

だから、待ちに待った訪問でしたよ!

というわけで、
改めまして訪問したのは2月26日土曜日。

時刻は12時37分に到着。

列はかなりの行列でしたが、本店の下新庄店に比べればまだマシ……

とはいっても、開店してから一か月経っていないのに
この客足は脅威です。

大体目算での列の人数は30~40人ぐらい。

この感じだと3時間待ちとかが平気で起こる下新庄の様な超行列になるのは時間の問題かもしれないな~と思いながら列に並びました。

で、列の先頭の方に来たのが14時4分。

既に腹ペコ状態。

待っていると助手さんからラーメンの種類と麺量を聞かれ、
麺量をいくらまで増やせるのですか?と聞いたら
100円で無限に増やせますとのこと……

昨今は原料原価が高騰していて
どこのお店も値上げラッシュなのに
これは太っ腹。

とりあえず、今回はラーメン600グラムでお願いしました。

で、しばらく待つと助手さんから入店指示があったので入店。

食券を購入して、各種アイテム(箸、レンゲ、水、おしぼり)をもって着席。

しばし待ち、トッピングコールを受けてから14時22分に遂に着丼!


写真は
豚ラーメン 麺量600グラム
アブラ増し!

何と!?すり鉢ではないですか!

しかも美しいアブラの色が最高じゃないですか!

これは食欲がそそられる!

まずは、このアブラをつまむ!

これは、うめぇ~!!!

この甘いアブラが最高なんだよ!

これこそがブログ主が食べたかった最高のアブラですよ!

別皿アブラのアブラもレンゲですくって食べると、超旨いの!

次に汁!

この乳化しつつもパンチのある汁!

乳化とパンチのハーモニー!

これはいい!!!超旨い!

豚。

脂身たっぷりで非常にジューシーで持ち帰り豚を購入すべきだったと思わせる超神豚!

うめぇ~

マジで旨い。

そして麺。

このラーメン荘の麺って感じさせるパツっとした麺。

この麺好きだわ~

マジで、うめぇ~以外の言葉がなかなか出てこない。

何だ?この神ラーメンは……

しかもですよ!

このラーメン、600グラムですり鉢を使ってくれているから超食べやすいんですよ。

他の二郎系ラーメン店だと600グラムだとすり鉢を使ってくれないのですが、
このお店は600グラムですり鉢を使ってくれるから
麺のリフトがし辛いとかがないのです。

マジで、ブログ主が食べたラーメンの中で一番と言っていいぐらい食べやすいラーメンでしたよ。

ここまでの神店はなかなかないよ。

というか、この配慮もあって、
ブログ主が食べた全ラーメン店の中でもトップクラスに美味しく感じましたよ。

最高の一杯でした!

旨かったです。ごちそうさまでした!
超お勧めです!

他にも二郎系ラーメンの記事を書いているので
よかったらご覧ください。

ラーメン二郎&インスパ系 記事まとめ

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)