[つまらない?それ以前の問題の様な…]宇宙戦艦ヤマト2202第7章を見てきた[どうしてこうなった?]

Pocket

このブログの方針的なものとはちょっと異なるけど、どうしてもつぶやきたいので書きますが、、、

 

先日、宇宙戦艦ヤマト2202の第7章を見てきました。

 

感想を一言で書くなら

『どうしてこうなった?』

 

何故、不朽の名作にしてヤマトシリーズ最高傑作(ブログ主的にはだが)である『さらば宇宙戦艦ヤマト』のリメイクがこんなことになったのだ???

 

ちゃんと全編見たよ。

そのうえで、思う。

ヤマトクルーは古代以外のキャラクターの必要性が感じられない。

というか、古代というキャラクターの思想にフューチャーしすぎて、2202だとキャラの○亡シーンとかになんの感情もわかなくなる。

徳川機関長の最後とか何アレ?状態。

さらばだと超いいシーンなのに…なぜ、あそこでナレーションを流した???

雪の記憶喪失とかも必要か?何で超弩級戦艦ガトランティスを登場させなかった?

言いたいことは色々ある。

 

こうせざる得なかった理由も少しはわかるよ。

2199で続編を作らせないために波動砲を封印してしまったから、波動砲を使う事の意味について作品としてフューチャーする必要があったという敗戦処理。

新たなる旅立ち以降のリメイクの続編を作るための軌道修正。

特攻という現代アニメに合わないオリジナル版の結末の軌道修正。

これらを考慮した上で、さらばリメイクを作るのは根本的に無理がある。

 

けど、作るにしても、もう少しやり方はあったのではないか?

無駄に設定を追加で入れ込み過ぎたために起きる全体的尺不足。常時えっ?話が飛んだ?と思わせる展開。その結果のさらばやヤマト2を見ていることが前提になっている構成。

リメイクだからって無理矢理さらばの名シーンを突っ込んだだけにしか見えない失笑物のお粗末な演出。

構想の段階から失敗している……



キャラクターが動いていないんだよ。

プロットにキャラが動かされているって言ったらいいの?

 

2202の展開では誰も退場させる意味ないよね…

さらばであれだけの殉職が出たのは、絶望感を演出させるためだったけど、2202だと全然絶望感がない…

さらばの生存者18名という絶望的な相原のセリフに対して2202の生存者多数感。

2202のガトランティス、雑魚じゃね?と感じてしまう。。。

 

2202はSFではなくてファンタジーなんだもの。次元断層の奥の古代と雪がいたところとかエヴァかよっ!って言いたいわ。

あんなのヤマトにはいらん。

最初から最後まで2202はヤマト愛が感じられない作品だったな~

 

 

全体的に熱さが足りないし、せめて2202の最後で古代君と雪は生存させてもいいけど、ヤマトは沈めるべきだったよな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)