【内容が虚無】旧作ファンが『宇宙戦艦ヤマトという時代西暦2202年の選択』を見て思ったこと

Pocket

一週間ぐらい前に『ヤマトと言う時代西暦2202の選択』という映画を見てきました。

これは宇宙戦艦ヤマトのリメイクである2199と2202を合わせた総集編でして、
簡単に言うと、沢城みゆきのナレーションで報道ステーション風にまとめたものでした。

というわけで、感想。

……と言いたいのですが、
なんですか?これは……

久々に何も感想を持てないアニメ映画でした……

ここまで、お金を払う価値のない映画も久々……

元々2202シリーズは個人的には大駄作だと思っているのですが、
内容を下手に報道ステーション風にして2199と2202をまとめたが故に
持ち上がりも盛り下がりも何もなく淡々としたものに……

マジで、この編集でどこを楽しめばいいのだ?

確かに手の付けようがないぐらい酷かった2202の駄作具合は少し隠れましたが
隠しただけでマイナスがゼロになっただけ……

旧作(昭和版の無印ヤマト、2、さらば)には遠く及ばない……

どうせなら内容を思い切って変更して、さらばヤマト風の総集編にしちゃえばよかったんじゃないの?とか思ったりします。

2199シリーズ以降の古代君のキャラ設定とか旧作ファンは誰も望んでなんかいないんだし、旧作から絵だけ差し替えるだけでも十分納得しますよ。

正直2199以降のシリーズは旧作のヤマトファンにとっては、
これ以上続けてほしくないとつくづく感じさせられます…

2199は不満な点は大いにありましたが
一発限りの作品としては、まあよかったです。

けど、続編はいらんかったわけですよ。

これから2205新たなる旅立ちが公開されます……

新たなる旅立ちがある以上は後編である『永遠に』もあるでしょう……

けど、いらないですよ……

ヤマトファンとしては見に行かざる得ないですがね……

ヤマトがこんな風になってしまって本当に悲しい限りです……

復活編や松本零士版新ヤマトが観たいものですよ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)