【梨花の正体は二週目梨花ちゃま?】ひぐらしのなく頃に業22話郷壊し編5を見て2004年からの極度のひぐらし厨が感想やら考察やらを記す。

Pocket

今頃ですがやっと視聴出来ました。

沙都子はそこまで勉強するのが嫌か……

というか、
成長すれば沙都子と梨花はいつかは離れ離れになるんやぞ……

結婚するわけでもないのだから一生二人っきりの人生が待っているんじゃないやぞ…
と言いたい……

梨花ちゃまが原作で100年とか1000年のループをしてでも
未来をつかみ取ろうとしたのと比べると沙都子のループは自分のわがままって感じが非常に強くて薄っぺらいというか……

さて、今回も疑問点や新事実の判明がいくつかありましたな。

羽入とCV日髙のり子のオヤシロ様(フェザリーヌ?)は別個体?同一人物?

『猫に力を与えた角は欠損していたが我が角は完全だ』

とフェザリーヌが言っているが
ここでいう角が角と言う物質の事を指すのか、角の民の事を指すのかで解釈が変わってくる。

角と言う物質の事を指すならば同一個体であると考えられるが、
角の民の事を指すならば羽入とフェザリーヌが別個体という事だとなる。

角の民が一人しかいないなんて設定はあったっけ?

記憶にはない……

あり得なくはないという事か?

沙都子が観た梨花ちゃまの百年について

何故、梨花ちゃまの100年を見ても沙都子は梨花ちゃまの想いをわかってあげられないんだ……

皆〇し編とか見て、仲間の大切さを知ってくれよ……

梨花ちゃまの無理強いはよくないけどさ……

沙都子の中学時代のループの描写的に梨花ちゃまは沙都子無しでも一人でルチーアに行くつもりだろ……

一人で勉強していたし、梨花ちゃまと3年ぐらい離れ離れになるのは許してやれよ……

と最初アニメを見た時には思った……

が、もう一回見てみると少し疑問点が湧いてくる。

この沙都子が観た梨花ちゃまが経験してきたカケラは梨花ちゃま視点ではないよね……

原作にない世界も含まれているし、
祟〇し編で梨花ちゃまが〇んだ後の雛見沢大災害後も描かれている。

雛見沢大災害後の世界という事は羽入の視点ですらない……

これ完全なる神の視点だよね……

これ、フェザリーヌが
意図的に編集された切り抜きの様なものを沙都子が観た可能性あるような……

けど、編集されてたとしても沙都子には梨花ちゃまの想いはわかってほしいな……

梨花ちゃまにとっては雛見沢を出るという事は100年のループから真の意味で卒業するという事だしさ…

入江機関地下

入江機関の地下区画は生体認証じゃなかったっけ?

だから祭囃し編でイリーが診療所に戻らなければならない理由になったんじゃなったっけ?

沙都子一人じゃ入れないだろ……

なんかこれは原作である竜騎士のガバ設定臭い……

神視点で梨花ちゃまの100年を見たのだからデータ書き換えとかのツールが地上区画にあれば入れなくはないか?

まあ、そのガバっぽい設定は置いておくとして
悟史がやっと出てきたと思ったら、沙都子に一瞬で見捨てられるという事に……

いや、、、
神視点で悟史がどうしてそうなったかわかっているんだろ……

沙都子、それひどくない?

まあ、沙都子が高校生になっても目覚めないから、もう悟史はダメだ…と諦めた???

そんなの詩音が黙ってないぞ…

沙都子にとっては
梨花>悟史
という事か?

だが、別れを告げる理由とは???

別に別れになる理由がない気がするが……

とりあえず、これで沙都子が入江機関の地下に入れることになったから
銃もH173も手に入れることが出来るようになったと……

アタッシュケースを開けることも神視点を持っていれば可能だな……

ループ梨花ちゃまは沙都子のループ二週目梨花ちゃま?

沙都子がフェザリーヌにループ能力を強化してもらったけど、
あのループしている梨花ちゃまは沙都子のループ何週目の梨花ちゃまなのだ?

アニメの描写を全てと考えると
高校まで行った梨花ちゃまは2人しかいない。

沙都子1週目の梨花ちゃまと2週目の梨花ちゃま。

ほぼ同じカケラの世界だけど、沙都子の精神が異なる。

沙都子〇亡後に一人でルチーアに行く可能性もあるが、
梨花ちゃまの認識的には誰かにルチーアで〇された?のだから沙都子2週目梨花ちゃまが妥当か?
シャンデリアでつぶされた梨花ちゃま。

この場合、今作の梨花ちゃまは原作祭囃し編とは極限まで似たカケラの梨花ちゃまであって、
別のカケラの梨花ちゃまという事になるな……

フェザリーヌ、カケラ作っちゃってないか?

フェザリーヌの前で増えていくカケラ。

羽入と梨花の能力はカケラを渡り歩く力の様に原作をやっているときは感じた。

旧作では目の前でカケラが増えていくことはなかった気がするが、、、、

 

そもそも、ひぐらしの前提として鷹野を撃破出来る可能性って極限まで低いことのはず……

鷹野撃破のイベントは、ひぐらしの世界における4年目の祟りまでの様に必然のイベントではない……

沙都子は何故毎回同じように祭囃し編後の世界に行けるのだろうか?しかも沙都子が神視点を手に入れる前までは鷹野撃破が高難易度イベントだという事すら理解していなかった……

 

梨花ちゃまの過去を見る前の沙都子が毎回鷹野撃破確定の世界に戻されるのは、フェザリーヌが祭囃し編のカケラをコピーして、そこから分岐させて新しいカケラを作り出しているように見えるが……



 

今までの伏線の答え~鷹野を説得した方法~

このアニメ全24話だから残り2話なんだよね。

という事は、今までの事から答えが類推できるはず……

原作でも全ての謎が直接回答があったわけではなく、ここまで答えを提示したからあの伏線はこういう事でしょってわかるパターンが多かったから、今回もそういう事だろう。

という事で、業の世界で雛見沢大災害が起こらない理由を考えると

沙都子が神視点で全ての事象を知りえたんだから、鷹野が操られている事がわかったのだろう。

そこまで情報を得られれば沙都子が鷹野を誘導して鷹野に真実を悟らせることも出来なくはないだろう。

鬼騙し編の真相

圭一とレナの戦いはレナの自然発症でもありえるのでスルー。まあ、H173でレナが盛られている可能性もある。どちらもあり得る。

裏であった梨花と沙都子の〇因は言うまでもなく梨花ちゃまが沙都子にやられたという事。

その後、沙都子は自分でやったのだろう。

綿騙し編の真相

梨花ちゃまの便槽事件は魅音・詩音のどちらでも犯人は成り立つ。

ひぐらしの歴史的に見たら詩音が学校に登校して、梨花ちゃまを便槽へ……

これは沙都子にとって予想外な詩音の犯行。

で、詩音は園崎本家で魅音に返り討ちにあって、詩音は井戸の底へ……

 

園崎本家に沙都子がやってきて、魅音対沙都子になった理由は

沙都子が梨花がどうなったかわからず先に梨花ちゃまが〇なないとループできないので探しに来たから……

沙都子が魅音撃破後、魅音から梨花ちゃまが〇んだことを知り自〇。

魅音が梨花ちゃまが死んだことについて知っていた理由は詩音が魅音に無駄に語ったりしたのだろう……

祟騙しの真相

祟騙しだけは正直さっぱりわからない……

大石がやたら圭一に突っかかってきたのは北条家では虐待の事実はないとわかっていたからだろう……

ループ沙都子が鉄平に精神的に負けるとは考えにくいし、神視点で鉄平帰宅と言うルートがある事はわかっているのだから対策は打てるはず……

 

問題は大石発症と圭一対鉄平が起こった理由。

大石自然発症説もあるが、言動が沙都子によって誘導されている感が強い。竜騎士はネタバレで嘘かもしれないという事を前提に大石は自然発症としているらしいがそこは疑問。

沙都子がH173を大石に使ったとしたら、鉄平対圭一は何のためにあったのか?北条家に圭一を連れ出した理由がさっぱり……

ここは残り2話で解決されるのだろうか?

鬼狩柳桜はどこへ?

鬼狩柳桜はどこ行ったのだろうか?

沙都子が隠したのが妥当だろうが、神視点でも鬼狩柳桜を知ることが出来るか?

原作のゲームでも鬼狩柳桜は存在は示されているが、神視点があったとしても鬼狩柳桜の隠し場所を知ることが出来るだろうか?

鬼狩柳桜は業で繰り返すものを〇す力もあるという設定が追加されたが、もともとは桜花が羽入を討ち取るときに使った鬼を倒せる剣。

羽入がやられたという事はフェザリーヌも倒される可能性がある。

そんなものを沙都子に存在を教えるだろうか?

そういえば鷹野は何故祭具殿に侵入した?

そういえば鷹野が綿騙し編で何故祭具殿に侵入したのだろうか?

綿騙し編でも雛見沢大災害が起きなかったという事は沙都子によって大災害が起きないように鷹野への調整が入ったのだろう。

それなのに鷹野が祭具殿に入ったのはなぜだろうか?

雛見沢大災害と鷹野祭具殿侵入は別?

そもそも鷹野はその時何を最後まで祭具殿に残ってやっていたのだろうか?

鬼狩柳桜の存在を確認していたのだろうか?

 

 

 

さて、業も残り2話。

果たして、終わるのだろうか?

それとも業の続編が出るのだろうか?

期待しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)