ウイルスバスターは?ソフト・ドライバー対応は?windows10ver2004について中小企業情シスが対応状況を確認する【まだやるな!】

Pocket

日本時間2020年5月28日
windows10の最新の大型アップデートである2004が配信されました。

手動で更新プログラムのチェックをすれば落ちてくるそうです……が、ブログ主の環境では落ちてこない。

代わりに何故か2020年1月に配信されたプログラムが落ちてきたよ……

謎だ…

一応コチラでも落とせますね。

ただ、インストールするのは待った方がいいのが確実。

2020年5月28日時点でマイクロソフト公式が把握しているだけでも大量の不具合が見つかっています。
下記がそれらがまとめられたリンクになります。

ブログ主が独断と偏見を元にリンクを要約して説明すると下記が代表的な不具合。
・一部のRealtek Bluetoothではドライバーに互換性がなく複数のbluetoothデバイスに接続できなくなる。
・可変リフレッシュレートがIntel iGPU搭載デバイスで期待の性能が出ない。
・Nvidiaの古いGPUドライバーで問題が発生する

詳しく知りたい人はマイクロソフト公式のページを確認してほしいが、
実際にはもっとあるでしょう。





各種ソフトメーカーの対応状況

ウイルスバスターについて

企業で使われているので有名どころは
ウイルスバスターのコーポレートエディションでしょう。
XG SP1は2020年7~8月対応の様です。

最近CMやりまくっているskyseaさん

5/28時点では、まだ未発表の様ですが、こちらのページで更新されると思います。

個人向けアンチウイルスソフトESET

最新バージョンであれば問題なそう?

なお、古いバージョンでアップデートするとフルースクリーンになる方もいるみたいです。

ブログ主が見つけた限りはこんなところですね。

これから、続々と不具合情報が出てくるでしょう。

個人的見解。

経験上、大型アップデートを公開直後に適用するのは情シスでもやめた方がいいと思います。

必ずと言っていいほど大量の不具合に遭遇します。
何が起こるかわかりませんし、大部分は少し経てばマイクロソフトが修正してくれます。

急いでやる意味は、特にありません。
時間の無駄のパターンが多いです。

特に、テレワークを実施してる企業では特に更新に時間がかかるのでやめた方がよいです。
変な不具合があるとリモート環境では修正できない事態に見舞われることも……

個人的には大型アップグレードがある度に発生する印象がある
AMD製グラフィックボードを搭載しているPCで起こるドライバーエラーが怖いですね。
大抵20台に1台ぐらいの割合でエラー87とエラー127に見舞われる気がします。
エラー87とエラー127が発生すると、AutoCADやドライバー更新ツールの多種多様なものが起動しなくなるので、
本当にどうにもならない時はOSのロールバックや再インストールするしかなくなってしまう経験もありますね。
AMD製のグラフィックボードを使用されている方は気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)