2020年3月期オプションKB451331 windows10 1809を中小企業情シスが確認する【インストールすべき?しない方がよい?】

Pocket

日本時間2020年3月18日はwindows updateオプションの配信日でした。

というわけで早速確認していきましょう。

今回は1909、1903環境向けのプログラムは配信されていないので、
1809環境向けKB451331のみの記事になります。

マイクロソフト公式のプログラム解説はコチラです。

ブログ主の独断と偏見で要点をピックアップすると





注目の修正点は
・ドキュメント共有への印刷時にエラーが発生する問題の更新。
・ユーザーがパスワード入力を求められたときに、サインイン中にタッチキーボードが表示されない問題を更新
・Azure AD環境で認証が失敗する関連のもd内対応
というところでしょうか。

目立った不具合は現時点では見つかっていませんが、
オプションなので、わざわざインストールする必要もないでしょう。
今回の更新内容を含んだものが4月期に配信されます。

特にリモートワークを初めて実施しているような企業では
どのような不具合が出るかわかりませんので、
インストールする場合は最新の注意が必要です。

なお、1809に関しましては
pro以下のエディションでは
2020年5月でサポートが終了しますので、
タイミングを見て1903、1909にアップグレードすることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)