[お茶漬だよok]謎の店。GENSAN(元さん)で気仙沼焼きそば大盛りをネットで調べてきてから食べてきたのだけどネット上の情報が全然違う件について[小川町、御茶ノ水、神保町]

Pocket

2020年2月11日水道橋、御茶ノ水、神保町、小川町界隈を歩いていると
『気仙沼焼きそば』なるポスターが張られた店を発見。

なんか非常に気になってしまう。

気仙沼☆丸光製麺?聞いたことがないが、
この店の名前なのだろうか?

のぼりも焼きそばをアピールしている。

きっと、この店は焼きそば屋なのだろう…

……だが、気になる文字もある。

看板にある『お茶漬だよok』の文字。

ここは焼きそば屋ではないのか?

なぜお茶漬けなのだ???

謎過ぎる。

理解が追い付かない。

入ってみたいところであるが、
店内に客はゼロ。

正直、これは入るのに勇気がいる波動を感じる。

とりあえず、ネット上の情報を調べてみる。





というわけで、
今回の訪問店の情報はコチラです。

店名

元さん(GENSAN)

場所

〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3丁目2−12

外観

その他情報ネット上の情報。
・お茶漬けを売りにしている店らしい。
・基本はお茶漬けor焼きそば+小鉢らしい。

なるほど……
お茶漬けor焼きそばっていうのは結構異色の組み合わせだな。

・焼きそば大盛りは1200円。
・麺は二度蒸し。
・量が多くて大盛りは2人前という意味。
・ステンレスの皿に山盛りになった写真が印象的。
・食券制らしい。
・色々な種類のビールも置いているとか……
・L字カウンターの店なのにもかかわらず、何故か調理は2階で行うらしい。

……なんかイマイチまとまりがなくて意味不明すぎる、、、、
だが、ブロガーとして興味がわいてきた。

これは調べに行かなくては、、、

入店。

店内に入ると、先客として2人いた。

……さっきいなかった気がするのだが……見間違いか?

外から店内が見えにくかったからな……
多分、見間違いなのだろう。

券売機を探す。

……???

ない。

ない。どこにもない。

助手の方と目が合う。

……。
助手の方、無言。

どうしたらいいのだ?

店の奥の方をのぞき込む。

……どう考えてもない。

???ネット情報が間違っている???

いや、、、券売機の写真すら見たんだけどな~

とりあえず、席に着く。

……。助手さん無言。

……。どうしたらいいのだ?

席に座っても券売機を探すが、どう見てもない。

わからん。さっぱりわからん。

とりあえず、メニューが貼ってあるので、
それを基に注文すればいいのだろう。

メニューを見まわす。

焼きそば大盛り850円と書いてある。

あれ???1200円じゃないのか???

ネットの情報とは???

まあ、いいや。手頃価格なら良し。

ワシ『すみません~注文いいですか?』
と助手さんを呼ぶ。
助手さん『はい。』
おおっ!返事があったのだからこれは注文できるのだな
ワシ『焼きそば大盛りで~』
と注文で来た。

結局、この店は注文制だったようだ。

食べ〇グとかに写真が貼ってある券売機は一体なんだったのだろう?
謎だ。

しばし待つ。
気になることが出てきた。

先ほど、ネットの情報で2階で調理すると書いてあったが、
明らかに1階の奥の厨房で作っている。

店主さん?が焼きそばを焼いているのが見える。

ネット上の情報はなんだったのか???

わからない。

謎過ぎる。

しばらく待つ助手さんより
『こちらをお待ちの間お食べください』
と小鉢を受け取った。

かぼちゃだ。

写真を撮影し、早速実食。

ほぅ……。

ブログ主は特に理由はないがたまにしかカボチャを食べないせいか、
甘くていい味わい。

これは先付としてはいい印象を醸し出してくれる。

2,3カボチャをつまんでいると焼きそばが到着した。

というわけで、こちらが焼きそば大盛りらしい。

……あれ?ネット上で見たステンレスの皿は???

確かに、こんなタイプのさらに焼きそばが盛られた写真もあったけど……

…あと、何?このキャベツ……

いや、別にキャベツが嫌なわけじゃないのよ。

食物繊維を考えてくれるという意味でありがたいのよ。

けど、このキャベツを載せたのはネット上で一度も見なかったぞ。

あと、ネット上の情報では大盛りは二人前分あると言っていたが、
間違いなくないぞ。

……謎や。

とりあえず、最大の問題は味なんだ。
味!
とにかく食べよう!

麺をリフトして、口の中に運ぶ。

……。

非常に独特の食感。

かなり柔らかめの麺で、中太ストレート。
信用できるかわからないが、ネット上の情報だと、
二度蒸しした麺らしいし、納得の柔らかさと言えるかもしれない。

ソースは少し濃いめかな?
けど、表現が難しいが、あまり食べたことのないソースな気もする。

また、ソース自体のものか、焼きそばに混ざる揚げ玉か、調理の際の使用するアブラのせいなのか不明だが、非常にオイリーな印象。

ブログ主はオイリーなものが非常に好みなため特に気にならないが、人によっては難しい人もいるかもしれない。

目玉焼きは
半熟というよりは硬めに近い目玉焼き。

キミの部分をつぶして、焼きそばに混ぜると旨そうだが、
少しもったいない印象。

キャベツの千切りはドレッシングがかかっているけど、
焼きそばの味で、ドレッシングの味がわからず…
先にキャベツの千切りを食べるべきだったか…

たいして量もなかったので
すぐに完食。

正直、量は物足りないが、
あまり食べたことのない独特な味だったな。
気仙沼焼きそばとはこういうものなのかと勉強になった。

まとめ

一応、ネット情報が無茶苦茶だったからブログ主が2020年2月11日時点の情報を整理しよう。

・焼きそばの値段は850円(税込み)
・カボチャの小鉢が付く。
・上記しなかったが、食べている最中にほうじ茶が提供される。
・食券制ではない。注文制。
・器はステンレスではない。
・キャベツの千切りが付属。
・大盛りでも量は多くない。少なくとも二人前ということはない。
・調理は一階で行われる。
・お茶漬けの提供もある。
・店名は気仙沼☆丸光製麺でも『お茶漬だよok』でもなくGENSAN。

こんなところかな~
正直よくわからん店であることは確か。
けど、次行くとしたらお茶漬けを食べてみたいな~
なんか非常に気になってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)