[マカフィーはダメか…]2019年7月期windows update!windows7編KB4507449とKB4507004の不具合情報[中小情シスがまとめた]

Pocket

最近書かれなくなったwindows7の月例アップデート記事です~

正直、windows7って限界が来ているというか、マイクロソフトがあまりにもやる気がなくて不具合しか出ないから、
基本的にupdateを止めろとしか言いようがないんだよね。

けど、それを言うとセキュリティ的問題があるから、声を大にして言えないのが悲しいところ……

さてさて、今回、自分の環境に落ちてきたKBは
KB4507449とKB4507004。

自分の環境では起きなかったけど、
一部環境で、なぜか落としてくると再起動要求が出てくるとか……
何故や???
個人的見解だけど、DELLのPCで起きがちな様な……
とはいっても、普通に再起動すれば何も問題は起きないので、特に気にする必要はない。



では、まずは

KB4507449について

これは、windows7の2019年7月期の月例アップデート。

2019年7月10日現在の不具合情報としては
先月に引き続き
・McAfee Endpoint Security(ENS)Threat Prevention 10.x
・McAfee Host Intrusion Prevention(ホストIPS)8.0
・McAfee VirusScan Enterprise(VSE)8.8
をインストールしている環境で、システムの起動が遅くなったり、再起動時にシステムが応答しなくなることがあるそうです。

これ全然治る気配はないですね……

対処方法は
該当製品のアンインストールですね。

一応、マカフィーの公式で本問題に対する案内が出ています。
ご参照ください。

現状はこれだけかな?

こちらが、KB4507449のマイクロソフトの公式に記されているアップデートの詳細になります。

あと6月20日配信月次ロールアップのプレビューKB4503277で
下記の不具合が習性が入ったとの情報があるから
・Internet Explorer 11を開くか、マーカー付きのPower BI折れ線グラフなどのScalable Vector Graphics(SVG)マーカーと対話するとInternet Explorer 11が機能しなくなる問題を解決しました。
・イベントビューアでカスタムビューを展開、表示、または作成しようとしたときに、「MMCはスナップインでエラーを検出し、それをアンロードします。」というエラーが表示される可能性がある問題に対処します。さらに、アプリケーションが応答を停止または終了することがあります。組み込みのビューまたはログで[ 操作 ]メニューの[現在のログをフィルタ]を使用しても、同じエラーが発生することがあります。
今回のパッチをあてれば治るかも……
ただ、ブログ主の環境では確認できなかった不具合なので、保証は出来ません。

KB4507004について

自分の環境だけかもしれないけど、
何故かKB4507004というパッチが落ちてきた。

一応内容としては、マイクロソフト公式を確認する限り
Microsoft .NET Framework 3.5.1
のパッチらしい。

ただ、ネット上に全然言及している人がいないのが謎。
まあ、特に気にすることはないものだと思います。

また情報が入り次第、この記事が別の記事かはわからないけど追記する予定です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)