[どうする?]windows10 1903に関して中小企業情シスがどうするか?そして今できる事を考える[ウイルスバスターの対応状況は?]

Pocket

ブログに掲載するか迷ったのだけど、win10 1903の不具合対応として修正パッチ KB4497935が一部環境に配布されたらしいです。

うまく行けば来月に正式に配布されるとか……

うーん。遅い……

 

まず1903の不具合については窓の社の下記のリンクでまとめられている

 

一部情報によると興味本位で1809から1903にアップデートしたら戻せなくなったとかあるらしいので、中小企業情シス的にはアップデートはしないことを推奨。

というか、アンチウイルスソフトにウイルスバスターとかを使っていたら対応していないので絶対にしないように……

XG SP1は6月中旬の対応予定、11.0 SP1なら6月下旬から7月の対応予定だって……

1809の時、1803のPCで半期チャネル化してなかったPCがあって、ウイルスバスター対応前にうっかりアップグレードをしてしまったら、PCがまともに動かなくなりましたよ…

今回は試していないけど、似たような現象があってもおかしくないので注意。

 

他にもソフトウェアやグラボのドライバーとかが対応するのも待たないとね。

特にAMDのグラボ。個人的な見解なので間違っているかもしれないが、AMDのグラボは大型アップデートの度にドライバー更新を行わないとエラーを吐く気がする。

まあ、二か月程度は1903の適用は待ってもいいんじゃないの?

情シスと言えど、今アップデートしてやるのは確実に無駄だと思うよ

 

一応今の時点で出来る事は手動で1903にあげることが出来るみたいだからwusuを導入していない企業は

アクティブディレクトリ上からwin10のPCのビルドを確認して、社員の誰かがうっかりアップグレードしていないかを確認して回ることかな???それしかないよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)