ラーメン二郎 仙台店

Pocket


M県S市紅葉区杜王町、、、

、、、じゃなかった。
宮城県仙台市青葉区に、やってきました。
目的?そりゃこれしかないでしょ。

ラーメン二郎仙台店
今回は新幹線の旅です。

訪問は5年ぶりぐらいかな?

では、ジョジョネタなんか詳しくないので
深追いしないで、さっそく本題!

写真は大ラーメン
ノーコール。
開店の三十分『前』に来たのに先頭から52番目。
そして、食券を買うときには既に豚切れという最悪のパターン。
けど、まあ、それでもよかったかもしれない。

並びはじめてから一時間半。
着丼。
最初に見て驚いたのが、豚!
この写真の細切れしかないの?まじ?正気か?と思った。
、、、ごめんなさい。
探してみたら野菜の下に二枚隠れていました。



さてさて、実食。

ヤサイはしゃっきり
もやし6に対してキャベツは4ぐらい?
甘いわけでもなく特に評価には繋がらず、、、

麺、ややピロ麺。
カタメにすべきだったか?
とはいえ、不味いわけではない。

豚。
細切れを除くと二枚ある。
一枚はペラペラ。
もう一枚は厚め
ペラペラをまずは食べる。
うめぇ~
ペラペラを見た瞬間憤りを感じたけど、
これは程よい塩気と脂のマッチング。
今の小滝橋二郎の豚の方向性で神化させた感じ。
口の中でとろける、
グレートですよこいつはァ

ナイス。
もう一枚も期待できる?
パクっ!とな。
、、、ゴム豚だ、、。
ハズレ乙。

そして、汁!
あっ!
こりゃたまらん!
ヨダレずびっ!

ひばりヶ丘リスペクト!?
ひばり汁のように、
表面は乳化度高め、底に行くにつれて濃くなる。

このバランスのとれたトンコツ。
カネシ(FZ)醤油のパンチ。
最高のブレンドではないか!
アフリカキリマンジャロの五万年前の 雪解け水、、、
ではないけど、マジで
ンまぁーい!!(プハーッ)

ガマンできねぇ
腹はややお腹いっぱいだけど飲まずにはいられねえ

速効麺とか食べて、スープの楽しむ。

いや~
マジで旨かった。
という訳で
完飲!
ごっそさんです!

まるで、
スゲー
爽やかな気分だぜ
新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォーーー

、、、酔っぱらいで書くと酷い文章だ。
やれやれだぜ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)