【仕方ないよな値上げは…】ラーメン二郎 京成大久保店で大ラーメン ブタ3枚を食べてきた【事実上の裏メニューが表に…】

Pocket

2024年1月24日にラーメン二郎京成大久保店に行ってきました。

目次

場所

千葉県船橋市三山2-1-11

京成線 京成大久保駅徒歩10分ぐらい。

営業時間

月曜から土曜 11時~15時。
日曜、祝日休業。
その他、不定休業も結構あります。

店舗の写真

ローカルルール

ヘタクソな絵で申し訳ないが、
1.店前まで来たら下記の絵を参考に並ぶ。

ポイントとしては、店外待機列A部である店の入り口からコーンのところまで数人(3人程度)並び、あぶれた人は木より先に並ぶ。

2.店内外待機Aの先頭になったら、店内の背後霊列の人数を確認し、スペースがありそうだったら入店する。

3.店内に入ったら、入って左にある券売機で食券を購入する。

4.背後霊列に並ぶ。

5.背後霊列で食券見せてと言われたら、見せる。麺の量のカスタマイズはこの時に申告する。

6.背後霊列の先頭まで来たら席の空きを伺い、空いたら自主的に空いた席に着席する。

7.食券をカウンター上段に置く。麺の量を大に変更する場合は店の方(店主or店主の奥様)に出来るか確認後、百円を食券の上に置く。また、ヤサイ少な目などもこの段階で伝える。

8.店主or奥様より『ニンニク入れますか?』のコールがかかってきたらトッピングを答える。

9.着丼。

10.いただきます。

11.食べ終わったらカウンター上段に丼を戻し、テーブルを拭いてから退店する。

ウンチク

・味噌ラーメンは容器の都合で大にはできません。
・新500円玉は使えません。
・豚増しは100円での裏メニューでしたが、正式メニューになりました。





今回のレポっす

2024年1月24日にラーメン二郎京成大久保店に行ってきました。

到着時間は13時15分ごろ。

平日の訪問でしたので
それほど並んではいませんでした。

店内に入るとメニューが変わっている……

値上げですな……

昨今の情勢を考えると仕方ない。

というか、むしろ今までよく値上げしないでやってこれたと思っています。

さて、食券のラインナップには数年ぶりに大が復活。

以前は小に+100円で大に変更でしたが
正式に戻ってきた感じがします。

また、豚増し件が登場。

豚3枚で200円とのこと。

ここ数年、裏メニュー化していて
食券+100円での対応でしたが、豚券だけの食券は京成大久保店では初めてじゃないかな?

今まで京成大久保店では複数の食券を購入することはなかったけど、
オープンから二十うん年で
これも初めての事じゃないかな?

という事で
大ラーメンと豚3枚の食券を今回は購入しました。

食券を見ると
豚3枚の食券が十年ぐらい前に消滅してしまった大ダブルの
赤に二本線が入ったものじゃないかっ!

懐かしい!

ブログ主は京成大久保店に通い始めて
そろそろ20年なので懐かしの食券を見るだけで
色々と思いがあふれてきます。

さて、着丼は14時5分。

大ラーメン+ブタ3枚
コールはニンニク・ヤサイ・アブラ

さっそく食べる。

やっぱり京成大久保店はアブラマシが旨い。

15年ぐらい前はブログ主はアブラマシを食べていたのに
ここ数年はアブラマシをしていなかったのはやっぱり失敗だった。

この液体アブラが旨いんよ。

ヤサイはシャキ系。

麺は京成大久保安定のピロ麺。
軽い麺ではある。
だからスルっと食べれてしまうが、それでも量は満足に詰まっている。

豚は安定のふわトロ。

汁は微乳化の神汁。

どこを切り取っても満足できる最高の一品。

旨かった~

当面は最低でも月一で行くつもりだけど、
家が近ければ、毎週でも食べたいわ~

こちそうさまでした。

別の二郎系ラーメンのレポート記事も書いているのでよかったらご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)