1809は最終回。けど証明書の不具合発生。2020年11月期windows update!KB4586781,KB4586786,KB4586793

Pocket

日本時間2020年11月11日はwindows updateの日です。

本記事ではwindows10環境の更新プログラムについて確認していきます。

20H2,2004環境KB4586781

マイクロソフト公式の案内はコチラです。

主な更新内容はセキュリティの向上のみです。

問題点は下記です。
・日本語もしくは中国語の入力をしようとするとしても文字入力が出来なくなったりしたりする不具合。(IMEの不具合)
・1809以降からバージョン更新するとシステム証明書とユーザー証明書が消失する。

問題点の対処法は下記です。
・IMEの不具合は下記リンク参照。

・証明書消失問題はロールバックで対応。




1909、1903環境KB4586786

マイクロソフト公式の案内文はコチラです。

主な更新内容はセキュリティの向上などです。
問題点は下記です
・1809以降からバージョン更新するとシステム証明書とユーザー証明書が消失する。

問題点の対処法は下記です。
・証明書消失問題はロールバックで対応。

1809環境 KB4586793

マイクロソフト公式の案内文はコチラです。

問題点は、言語パックのエラーです。

中小企業で情シスをやっているブログ主から一言

今回で1809のサポートは終了になります。
本来ならここで早めのアップデートを呼びかけるのですが、
1809から大型アップデートを行うと証明書が消滅する問題があるので、
影響を受ける可能性がある方はアップデートすることはお勧めいたしません。

1903は12月8日がサポート期限になります。
1903から1909へのアップグレードはぶっちゃけ大して変わらないので、個人的には重く考えずに行っても問題ないかとは思います。

しかし、確実に言えるのは2004や20H2へのアップグレードは辞めましょう。

個人的によく見る光景としては
・IMEの不具合で日本語が入力できなくなる。
・なぜか異様にPCの動作が遅くなる。
・NASに接続できなくなる
などがあります。

日本語IMEの不具合以外の原因・対処方法は不明ですが、
1909へロールバックすると治るので、
原因は2004や20H2にあるとブログ主は考えております。

いずれにせよ。マイクロソフト公式で日本語IMEの不具合が解消されるまでアップグレードは行うべきではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)