【oculusquest2】FitXRをfitbitユーザーがダイエットに使えるかレビューする【fitboxやリングフィットアドベンチャーとも比較】

Pocket

oculusquest2を購入してから約一か月がたちました。

最初はキズナアイタッチザビートとbeatsaberのプレイや
youtubeやニコ動をひたすら見る機械になっていましたが、
今回fitxrというエクササイズゲームを見つけたので購入してみました。

今回購入したFitXRについて

元々boxvrというゲームだったらしいのですあ、
アップデートで別の機能が追加されたらしいのですが、
ブログ主が購入した時点ではFitXRというゲームになっていたので、
前のバージョン場詳しくわかりません。

また、ブログ主がプレイした環境はoculus版になります。

ちなみに公式PVはコレ

感想

プレイ開始してから一番思ったのはロードが長いこと。

とにかく、ストレスになるレベルでロードに時間がかかる。

正直、本格的トレーニーだったら、このロード時間で別のトレーニングを行っていた方が絶対に良い。

まずはダンスモードをプレイしようと思ったが、
7,8分待っても始まらないゲームにイライラし、
ロードが停まったのかと思い、ソフトや本体の再起動を行ったが改善はなく
こういうものだと判断できた。

仕方ないので、ボクシングモードをプレイ。

こちらもロードが非常に長いが、
ダンスの様にゲームが出来ないという事はない。

ボクシングモードの内容について簡単に説明すると、
流れてくる球をタイミングよく殴るゲームといったところ。

チュートリアル的な動画がプレイ開始前に流れるのだが、
英語での説明となっており、英語が出来ないブログ主には何と言っているかさっぱりわからないが、
映像を見ていると何となくで理解は出来る。

ゲームに使うパンチの種類はジャブ、ストレート、フック、アッパーのみ。
攻撃をよけるためにスクワット(ダッキング?)やガードもある。




プレイしてみると率直に言って、流れてくる球を殴るリズムゲームとしては楽しい。

VRであるため没入感も非常に強く集中力が研ぎ澄まされる。

しかし、ブログ主は任天堂switchのfitboxingなどをプレイ済みだが、
この感覚でプレイすると身体が付いてこない。

特にストレートを連発するところとかは、この製作者は何を考えてストレートを乱発する仕様で作ったのだ?と疑問を呈したくほど……

ボクササイズゲームとしてはfitboxingの方が説得力があり、
個人的には本ゲームはなんちゃってボクササイズゲームに感じる。

比べる対象ではないぐらいに別ゲーと考えてよい。

ダイエット目的として考えると
消費カロリーに関しては、
ゲーム中では20分ぐらいプレイすると、すぐに500~700キロカロリー消費とか出るのだが、
そんなに消費されるわけは絶対にない。

ブログ主は身長177センチ、体重96キロ前後のデブであるが、
その条件でフィットネス用トラッカーであるfitbit charge4を使用して測定すると、
実際に20分ほどのプレイで250~350キロカロリーの消費しかなかったので、
かなりゲーム内の消費カロリー計算は怪しい。

ゲーム内のカロリー消費量を元に摂取カロリーの計算するのは非常に危険であるのは確実であろう。

運等強度については
パンチの強度によっては運動強度はそれなりに高いものが実感でき、
15分ぐらいのプログラムをプレイするとブログ主の場合は最大心拍数がfitbit基準で159を記録するなど有酸素運動になっている事は確信できた。

ただし、これはあくまでも自分が放つパンチの強度に寄与するものである。

ゲームとして高得点を狙いながら楽しむあまり軽いパンチで流れてくる球を叩けば、運動強度は当然下がる。

ただし、ブログ主の様にジャブ以外のパンチを全て全力でたたくタイプのプレイヤーは
有酸素運動目線でいうと昨今はやりのリングフィットアドベンチャーを大きくしのぐほどのゲームではあるとは思う。

特に本ゲームをプレイすると翌日確実に筋肉痛になるので、
リングフィットアドベンチャーを一年プレイした結果、ちょっとしたことじゃ筋肉痛にならないブログ主にとっては衝撃の結果だった。

ただし、リングフィットアドベンチャーは全身をトレーニング出来るゲームであるのに対して、
本ゲームはパンチを主体とするため上半身のトレーニングに偏ることになるのは確実だろう。

トレーニングソフトとしては確実にリングフィットアドベンチャーの方が優秀である。

また、fitboxingと比べると、
運動強度は主観では本ゲームは下に感じる。

本ゲームはロード時間が長すぎて、2回目とかをプレイする際は身体が冷えてしまうのでロードが速いfitboxingの方が身体を温められる。

ただし、fitboxingはfitboxingで結構無理な動きをさせたりするので、一長一短である。

ブログ主はfitboxingのアッパーで本気で打ち過ぎてぎっくり腰になったことがあるが、本ゲームではその心配はなさそうではある。

fitboxingやリングフィットアドベンチャーを持っているユーザーで
このゲームはダイエット目的の使用にお勧めか?と聞かれると、
うーん。気分転換にプレイするのならいいかもだけど、ダイエット目的ならば、
リングフィットアドベンチャーやfitboxingの方がいいと思うというのが正直なところである。

ダンスモードに関しては、
結局、ゲーム購入から数日たったが、あまりのロード時間の長さに、一度しかプレイしていない。

ゲームの出来は、正直一回のプレイでは判別がつかない。
そもそもブログ主は運動音痴なため、身体がリズムについていけない。

ただ、ダンスモードに関しては、
確実に金返せといいたくなるレベルでロードが遅いので、
ダンスゲームとしての購入は絶対におすすめはしない。

fitboxingはコチラ

リングフィットアドベンチャーコチラ

fitXRがプレイできるハードであるoculus quest2はコチラ。(fitXRは別売り)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)