【マニュアルが英語!?】fitbit charge4の使用方法を日本語で解説してみた【取扱説明書が英語だと日本人には辛い…】

Pocket

・fitbit charge4には取説が付属されておらず、公式のマニュアルがpdfで英語だからイマイチ読む気がしない。
・起動時のチュートリアルなんかイマイチ覚えていない。
・ヘルプを読めばわかるけど、いまいち的を得ない。

こんな人に向けたブログ主がfitbit charge4を使用していた際に迷ったところをメモ。

なお、ブログ主が独学で勉強した事項なので間違いがある可能性や知らない機能等がある可能性がございますことをご了承ください。

最初の起動に関して

別記事にしてあるので下記リンク参照。

戻るボタンはどこ?

下記画像赤丸部が戻るボタン

時間を見たくても画面の表示が出てこない時の対処法

戻るボタンを押せば、強制的に画面が表示される。

各メニューの表示方法がわからない。

時計表示時に下から上にスワイプで
・充電量
・一日の総歩数
・一時間毎に250歩歩くのを何回達成できたか(1日で)
・アクティブゾーン時間。
・心拍数
・安静時の心拍数
・動いた距離(電車などの移動は含まず)
・消費カロリ。委
・睡眠スコア?
・睡眠時間
・体重
・接種水分量
・エクササイズ回数

時計表示時に上から下にスワイプ
・同期しているスマホに届いたメールの送り主と最初の数文字を表示(Gmailのみ?)

時計表示時に右から左へスワイプ
・エクササイズ
・spotify(音楽を聴くツール)
・カレンダー
・リラックス
・タイマー
・アラーム
・天気
・設定

アクティブゾーン時間とは?

心拍数を元に脂肪燃焼を係数1、有酸素運動を係数2と分け下記の指揮に当てはめたもの

1×脂肪燃焼運動を行った時間(分)+2×有酸素運動を行った時間(分)=アクティブゾーン時間(分)

週に75~150アクティブゾーン時間(分)を達成するのがwho(世界保健機構)などの推奨とのこと。

バイブ(振動)が弱い

fitbit本体から右にスワイプし続けて設定→バイブレーション
をタップして、標準と強の選択が可能。

弱かったら強に変更。

寝ている最中に謎の振動がなる

アラームが設定されている可能性があるので、
fitbit本体のアラーム設定より設定してしまっているものを削除。




エクササイズで選択できる運動のメニューが少ない

代表として6個しか登録できない。
スマホのアプリから運動メニューを変更できる。

設定画面はスマホの画面の左上の顔のマーク

デバイスの項目のcharge4(使用するデバイス)を選択

運動ショートカット(ページの下の方)

すると下の画面が表示される。

この画面に表示されているもの6つが
現在fitbit charge4上で選択できる運動メニューである。

変更する方法は
例えばランニングを外したいのであれば
ランニングの項目を左にスワイプして、その後右上に表示される+マークを選択すれば、
変更するメニューに変えられる。

運動メニューの意味がわからない。

ブログ主の知識内の話なので間違っている特に可能性がありますが…
・ランニング
 →走ること
・ウォーキング
 →歩くこと。
・エアロバイク
 →ジム等に設置されている自転車の様なトレーニング器具
・サーキットトレーニング
 →筋トレと有酸素運動を休憩なしで行うトレーニング
・ワークアウト
 →ジムでの運動や筋トレのことを英語圏ではワークアウトと言います。
・サイクリング
 →自転車での移動を伴う運動
・水泳
 →泳ぐこと。『俺はフリーしか泳がない』とプールで発言すると大抵スベる。
・トレッドミル
 →ジム等に設置されているランニングマシンで走ること。
・リフティング
 →サッカーでボールを落とさずに一人でけり続けること……と言いたいところだが、おそらく床に置かれたバーベルやダンベルを頭の上に持ち上げる行為(ウエイトリフティング)の事を指していると思われる。
・インターバルトレーニング
 →別名HIITやタバタプロトコルと言う。20秒全力で動き、10秒休むを繰り返す運動。
・クロストレーナー
 →ジム等に設置されているトレーニングマシン。ランニングマシンに近いが、膝への負担が軽い。
・ハイキング
 →野原等を主にウォーキングすること
・ゴルフ
 →ゴルフはゴルフ。木製のクラブを使わないといけないわけではない(ネタが古い)
・ステアクライマー
 →ジムなどに設置されている坂や階段をひたすら上るマシンのこと
・テニス
 →テニスはテニス。『ワシの波動球は百八式まであるぞ』と言うと大抵スベる。
・ヨガ
 →ヨガ。火は吐かない、テレポートはしない、腕は伸びない。
・ブートキャンプ
 →軍隊などでの新兵トレーニング、新兵トレーニングを一般向けにしたエクササイズ。例ビリーザブートキャンプ
・キックボクシング
 →キックボクシングはキックボクシング。
・格闘技
 →格闘技は格闘技。
・ピラティス
 →体幹を鍛えるエクササイズ
・屋外ワークアウト
 →屋外での筋トレなどの運動

バンド(ベルト)が蒸れる

スポーツ用バンドが別売りで売っているので交換推奨。

charge3のバンドはcharge4に使える?

使える。

純正の白色のスポーツバンドと純正の黒色のスポーツバンドで値段が違う理由

機能上は違いはない。単に色が違うだけ。それ以外何も変わりがない。
色が白い方が何故か安いので、色にこだわりがなければ白推奨。

スポーツバンドのサイズについて

どうやらサイズの種類がある模様。

ブログ主が買った箱には明確に分かりやすいサイズの表記がなかったので、店員に聞くことを推奨。

調べたところcharge3用のスポーツバンドには本来は箱にシールで(s/p)と貼ってあるものがいわゆるSサイズ、(L/G)と貼ってあるのがいわゆるLサイズらしい。

……余談ですが、ブログ主はシールが貼ってなかったので全部フリーサイズと思い込み、小さいものを買ってしまい、開封時に箱を壊してしまったものだから返品できなくなってしまいました…
十分に気を付けましょう。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)