印刷が出来ない!?中小企業情シスが2019年9月23日windows update インターネットエクスプローラのアップデートKB4522016,KB4522015,KB4522012,KB4522007に関して解説する。

Pocket

windowsの全環境(win7~win10 1903)の環境で
インターネットエクスプローラ(IE)のスクリプトエンジンのメモリ破壊の脆弱性が見つかったため、緊急のwindows updateのプログラムが配信された模様。

下ソース。

といっても、大半の方には『で?何なの?これ?』状態かと思うので、
簡単に要約すると
IEにバグ(脆弱性)があったよ。
危険性→この脆弱性をつつかれると、攻撃側が勝手にPCの改変を行うことが出来る。
対策→更新プログラムを配布したからインストールしてね
という感じ。





現状では、マイクロソフトアップデートカタログでしか配布されていません。
各参考リンク
windows10 1903 KB4522016

windows10 1809 KB4522015

windows10 1803 KB4522014

windows10 1709 KB4522012

windows7 windows8.1 KB4522007

まあ、正直な個人的な考えですが、
カタログでしか配布されていませんし、
社内規定とかがなければ急いでアップデートする必要はないのではないかな?
と思っております。

追記10/2
印刷が出来ない不具合が出ているようです。
対処法は何度か再試行のチャレンジをするか、
デバイスを再起動するのもありです。

……まあ、オプション扱いだから、アンインストールしてもいいのではないか?と個人的には思いますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)