大つけ麺博 10周年特別企画ラーメン日本一決定戦に行ってきた。@歌舞伎町~気むずかし屋~

Pocket

前回の記事でも書いたけど、大つけ麵博に行ってきた。

行き方とかは下記リンク参照。

 

今回はおやつという感覚で17時に行っている。

昼ごはんも家で食べるし、晩御飯も家にある予定。

なのであくまでもおやつなのである。

だから二杯が限度なのである。

 

というわけで、二杯目を決めたよ。



信州鶏白湯 気むずかし家

ここを選んだ理由は小麦粉の銘柄で『春よ恋』を使っているというところ。

鉄腕ダッシュで日本一うまい銘柄のラーメン用の小麦粉と紹介されている。

『はるゆたか』の改良品種ですね。

けど、個人的には国産の小麦粉は気候の問題で旨いとは思っていない。

日本一の銘柄ってのはどうなのか?というのが気になるところ。

さて、早速実食。

……。

麺が伸びてる……

これじゃあ評価できない……。

いや、スープは濃厚な白湯のなのよ。

おおっ?このアウェーの条件下でこれを仕上げたか…とちょっと感動したのよ。

けどさ……

 

ちょうど、購入するときに客がゼロだったのよ。

食券渡したら、即ラーメンが出てきたから嫌な予感はしたんだよ。

うん。これ作り置きっす。

 

せっかくの春よ恋がこれでは味わえない~

 

いや、しょうがないよね。

フェス系のラーメンは作り置きが必須。

店に客が来てから茹でたら、時間がかかって大行列になって客がさばけなくなる。

フェスってそんなもんだ。

ごちそうさまでした。

汁には可能性を感じたから、次は人が並んでいるときに行きたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)