我が青春の京成大久保二郎

Pocket




ブログ主にとってのホーム二郎。
一年半ぶりの来店
おっちゃん(店主)にも「久々だね〜」といわれてしまった。
さーせん。


写真は大つけ麺
本当はいつの間にか出来た新メニュー味噌つけ麺を食べに行ったのだがブログ主の前でみそ切れ
というわけで、大つけになってしまった。
けど、いつも大つけを頼むとおっちゃんが悲しそうな目をするから頼めなかったけど
今日は大手を振って注文。
今日ぐらいはいいでしょ。
というわけで、大つけ麺は五年二か月ぶりの実食
感想
全盛期より減らされているとはいえ
相変わらずブログ主の時だけ量がおかしい
呪文は無詠唱。何も言わないでも勝手にやさいちょいまし、にんにくになっていた。
流石おっちゃん!提供までのトークで太った話をしてたから若干減らしたとはいえ、ちゃんと憶えててくれてありがとう!
あと、地味に豚マシにしてくれてるよね。余ってたほぐし豚全部入れた?
もしや、それでヤサイが若干入らなくなった?
とにかくスープよりも豚の方が多くなってたよ
感謝感激雨あられです。
さて、知らない人の為に解説。
スープは一言いうならピリ辛。
二郎スープ×謎の香辛料×カネシ×おっちゃんの愛=∞
愛と勇気に溢れたスープ
麺は他の二郎では味わえないオーション平うち中太麺(厚さの薄い中太麺のこと)。
オーション×かん水×おっちゃんの夢=∞
夢と希望に溢れた麺だ
この2つがなんともいえないハーモニーを奏でる
ここの二郎は一言でいえば

に尽きる
本気の二郎。
ブログ主が知る限り最も二郎に真剣に向き合ってラーメンを作っている
ネットでは眉劇場とかいわれて茶化されているが、それは違う。
おっちゃんが二郎と真剣に向き合ってるから仕方ないことなのだ!
ブログ主が解説すると安っぽくなってしまう。
もう解説などいらない。
食べてみろ!
来たらわかる!
真実の愛というものが!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)