【旨い!】ラーメン二郎 一橋学園店で大豚を食べてきた【たぶんブログでは全世界最速レポ】

Pocket

ラーメン二郎の新店舗が2022年8月11日にオープンしました~
というわけで、さっそくオープン初日に行ってきましたよっ!

目次

場所


〒187-0045 東京都小平市学園西町2丁目13−4

※駅から店舗までの道順は下記の別記事の下の方にあります。
https://thedebu.com/2022/07/05/128426/

一橋学園駅徒歩1分ぐらい

店の外観

メニュー


小 800円
小豚 950円
大 850円
大豚 1000円

卓上アイテム

公式ツイッターアカウント

https://twitter.com/1284jiro

ウンチク

店主はラーメン二郎 神保町店出身。
ちょっと前までめじろ台二郎の店主が病気で休まれていた際に代わりにめじろ台で厨房に立たれていた。
その他オープン前にわかった情報は下記リンクにあります。
https://thedebu.com/2022/07/05/128426/
席数は12。
1ロット当たりの製造数は6です。




今回のレポっす

随分前からオープン日は一部で8月11日だという噂は出ていましたので
今回は8月10日の夜に行き、一般客ではファーストロットになる整理券を貰いました。

というわけで、今回は『一般客の中では』ファーストロットでございます。
※この『一般客の中では』というのは開店前にプレオープンで関係者が既に食べていたから厳密な意味でのファーストロットとはいいがたいのかな?というわけで注釈をいれさせていただきました。

さて、オープン時間は9時3分ぐらい。

オープン時の総帥のお言葉を聞くためなのか人が集まり過ぎてしまい、
警察が来たため、9時半からオープンのはずが総帥のお言葉により前倒しオープン。

総帥との写真撮影会はあったのですが今回は毎度恒例のお言葉はナシです。

フジテレビで1時間番組を組まれ文化人となった総帥のお言葉。。。ぜひとも聞きたかった笑

ファーストロットだったのでオープンとほぼ同時に店に入り、入り口横の券売機へ・・・

今回のメニューは小、小豚、大、大豚の4択なので
当然大しか食べないブログ主は大豚を購入。

店の左奥から順番に着席しました。

まずは席の卓上調味料を確認。

おっ!神保町で見慣れたコレがありました。

で、着丼を待っている間に水とレンゲを確保。

そしてしばらく待つと着丼

9時14分。
こちらが大豚
コールはニンニク。

見るからに旨そうだ。

さっそく実食。

おおっ!全体的にアツアツだ~!!!

まずはヤサイ。

ややモヤシ多めな気がするが基本的に二郎の標準的なゆで具合。



赤身の多い部分やらしっかり脂身が乗ったものやら色々なタイプが入る。

FZなピり辛かつ旨味を強く感じさせ、いい意味でナイス歯ごたえ。

これは旨い。

麺。

見ての通りの芸術麺。

神保町を彷彿とさせるアツアツでちょっと気を付けないと火傷する。

文句なしにうまい!



非乳化よりの方向での気持ちほんの少しの微って感じ。

二郎オープン初日でほとんどの店舗で乳化寄りになる傾向があるので、

基本的には神保町と同じように非乳化のスタイルなのだろう。

一般客中ではファーストロットで、どうやらブログ主が最初の大だったので、ここは記念の完飲が必須ですね。

というわけで、ゴクゴクゴク・・・・

さすがに全部汁を呑むとかなり辛いが

非常においしいラーメンでした。

旨かった〜

ごちそうさまでした。

総合的な感想としては
全体的に店主の出身店である神保町を感じさせるものですね。

量はブログ主的にはかなり軽めで神保町ぐらいより少ないぐらいかな?

神保町二郎に行く頻度が少ないから厳密な感覚ではないですが、、、

量はともかく味に関しては、
これから時間をかけて進化していくのだと思いますが
現時点でこれだけおいしければ、これからの更なる伸びしろに期待できますね。

他にも二郎及び二郎インスパイアの記事を書いていたりするのでよかったらご覧ください。