【一杯1900円の牛白湯二郎系!?】KANDA RAMEN STAND.で牛ラーメン肉マシマシ 大 特製からあげ 〆の牛ラーメン専用TKGを食べてきた【二郎全店制覇済みの男がレビュー】

Pocket

2022年4月22日オープンの二郎系で牛白湯のKANDA RAMEN STAND.(カンダラーメンスタンド)に4月24日に行ってきました。

場所


〒101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町3丁目5−13 2F
JR神田駅徒歩3分ぐらい

営業時間

11:00-15:00
18:00-22:00
お休み:不定休

店のインスタアカウント

https://www.instagram.com/kanda_ramen_stand/

ローカルルール

ブログ主が実際に体験したことを元に記載しますので間違っている可能性があります。
1.列が出来ていたら並ぶ。
2.整理券が配られるが、その整理券が何に使われるかはよくわからず……
3.ひたすら待って、店員さんからお声がかかれば店がある2階のエレベータへ
4.注文制なので、店員さんに食べたいメニューを伝える
5.着丼。
6.食べ終わったらごちそうさま。

ロットの製造数と回転時間

オープン3日目では1ロットあたり5杯。
完全入れ替え制のため、1ロットに対して時間は30分以上かかります………

卓上調味料・水・その他注意事項

水はセルフ

ブラックペッパー

 

魚粉

食べ方が紙に記載されている。

メニュー

牛ラーメン1200円
牛味玉ラーメン1320円
牛ラーメン肉マシ1700円
牛ラーメン肉マシマシ1900円

麺の量
小 100g -100円
並 200g
大 300g +100円

味玉120円
ネギ100円
生卵70円

特製からあげ300円
からあげハーフ170円
白ごはん250円
牛アブラ飯300円
〆の牛ラーメン専用TKG300円



 

本日のレポっす

4月24日は神田にある二郎系新店で牛白湯を売りにしている
KANDA RAMEN STAND.(カンダラーメンスタンド)
に行ってきました。

なんとこのお店。
肉マシマシで一杯1900円という超強気な価格設定。
それだけで目玉が飛び出そうな価格。

それだけでもビックリなのだが、なんと4月22~24日は
毎日先着50人は最大1900円のラーメンを500円で提供するっていうから今回行ってきました。

到着は10時10分ぐらい。
開店が11時からなのに既に前には37人が並んでいて自分は38番目。

話題になっているのはわかる。

10時20分ぐらいだったと思うが列は50人ぐらいに到達。
先着50人が500円というのは、その日は50人限定でしか提供しないという事だったらしく遅く来た一部の客は完売で帰らされていた。

自分もあと一本電車が遅かったらダメだったな……

セーフ。

10時40分頃、、、

店の方が店前に出てきて、何か叫んでいる、、、が、後ろの方にいた自分には聞こえない。

挨拶だったのだろうか?

11時。ついにオープン。
何人かが店の中に入っていったのが見えた。

自分は38番目なので二郎系の基本である1ロット10分の計算を考えると80分後ぐらいに
は食べられるはずだと考えスマホで通信教育を受け始める……

、、、12時過ぎ、、、

待てど待てど、列は全然進まない、、、
1ロット5杯だとすると一時間経過したのだし30人ぐらいは進むはずだが、客が店に全然入っていく気配がない、、、

このあたりからポツポツと列から離脱する人が出てくる、、、目算で10人ぐらいは離脱していった。

この回転の悪さだと離脱する気持ちはわかる。

ただ、そんな離脱者がいたおかげで13時に入店出来た。

やっとか~という気分。

着席し、注文形式だったのでメニューを店員さんに伝えてしばし待つ。

、、、寒い。

この席、冷房直風なのだ、、、

最悪だ、、、切ってくれと言いたいが、切ったら換気が悪くなりそうだから、
これを言うのは昨今の風潮的に、それはダメだろう・・・・・

、、、耐えながら暇なので店を見回す。

、、、そして気が付く……

この店、ちょっと問題ありすぎじゃないか?

ワシでもわかるレベルで致命的。

まずは店が二階であること。

しかもエレベータでの入店になるので列の回転のテンポが非常に悪い。

注文制であること、、、

店の外で予め注文を聞いておけばいいのに、着席してから注文の確認をしている。

更にはスタッフ3人居て、それぞれが暇になっている時間もあるし、
席数がカウンター6席と離れたテーブルに3,4席分の席……

席があるのに使われていないし、
ロットでの製造数は5杯……

しかも客が食べ始めてから食べ終わるまで次のラーメンを作り始めることはない……

話が前後するが自分が入店し着席したのが13時1分だったのだが、
食べ終わったのは13時32分。

その間に新たなラーメンを作り始めることはなかった……

回転力重視のラーメン店でこれは効率が悪すぎる……

大丈夫か?と不安になってくる……

13時13分。
ガチで身体を震わせながら待っていると着丼。

写真は牛ラーメン肉マシマシ(通常1900円、今回は500円) 大盛り(+100円)
味玉(120円)、〆の牛ラーメン専用TKG(300円)、特製からあげ(300円)
コールは全マシ(ニンニク ヤサイ アブラ)

写真を撮ってから汁を飲む、、、

、、、ああ、濃厚白湯だな。

ただ、こりゃかなりヌルいぞ……

身体が冷房でヒエヒエだから尚更感じるが、もうちょっと熱いのは提供できないのか???

というか、ローストビーフがあるからアツアツにできないのか?

そして、ローストビーフを食べてみる。

まあまあ、旨いローストビーフ。

これはラーメンに乗せるよりも単独で食べたい。

アブラ。アブラ増しにしたのだが、増したアブラはローストビーフの上に少しだけかかっているこれか?

……特に味はない。

ヤサイ。

かなりシャキタイプのモヤシ。

モヤシキャベツ比は9対1ぐらい。

味玉は普通の半熟ゆで卵。

どこが味玉なのかはわからない……これ味玉だよな??????

麺は自家製麺じゃないのがすぐわかる。

うーん。似た麺を探すとすればバリ男に近いかな?

二郎の麺を期待していくと、ちょっと違う…って思ってしまうかもしれないが、たまにG系のチェーン店とかで見るタイプの中太で比較的カタメで歯ごたえを感じさせる麺。

多分、この店は汁に力を入れているのだろう。

 

唐揚げはサクッとしてて結構ジューシーで旨い。

 

で、とりあえず、一通り一旦味わったのだが、、、

、、、寒い。

……冷房が自分だけではなくラーメンに直風で当たっています……

……ラーメン冷え冷えですよ。

多分、このラーメン温かくないとおいしくないのですよ……

 

それが冷房のせいで冷え冷えラーメンに……

これ、店舗設計としてかなり致命的ですよ……

 

昨今は換気を良くしないと駄目だとは思いますが、それでも冷房止めてもらうんだったな……

 

かなり早い段階、、、というか着丼から3~4分で、かなりラーメンが冷えてしまってちょっときついですよ…これは……

 

正直、途中からラーメンは食べられるものじゃない状態に……

 

ラーメン提供時に魚粉を入れて味変してみて的な事を店員さんに言われてたので
途中から魚粉を入れてみたのだが、
冷えた汁と相まって味が迷子でよくわからないラーメンに変化……

いや~これはキツイっす……

ラーメンを食べ終えて〆のTKGを食べ始める……

…もうご飯が冷え冷えですよ。。。

冷房の風のせいでパサついてますよ……

醤油がちょっとうまい感じはしたけど、
この御飯は先行して食べるべきだった……

食べる順番を間違えたな~

けど、〆のTKGっていうぐらいだから最後に食べるのが流儀だろ?

それに、TKGを先行して食べたらラーメンがもっと不味くなっていたはず……

間違いなくよかったと思えたのは唐揚げだけだったな~300円でこの唐揚げはジューシーでかなりお得。

冷房直風の影響も特に受けなかったし……

ラーメン無しで、TKGと唐揚げだったら平日の昼ごはんとかにはちょうどいいかも?それが許されるのかわからんが……

とりあえず、完飲完食。正直アツアツを提供してくれたら感想は大きく変わっていたと思うんだよな。。。その点が物凄くもったいない……

ごちそうさまでした。

 

今回は総額2720円のメニューが1320円だったから納得できるものだったけど、

これが本来の値段で、このクオリティやら環境だとちょっと……

ラーメン二郎目黒店だと小が500円で食べれちゃうわけですからねぇ……目黒二郎の約5.5倍のお金を出す価値があるかというと……

 

空調問題と回転性が改善した上で、値段が納得できる金額になれば、

今度はちゃんとしたラーメンとして味わってみたいかもです。

 

 

 

他にも二郎及び二郎系の記事を書いているのでよかったらご覧ください。

ラーメン二郎&インスパ系 記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)