【旨い!】ベンツ!?入口は?Minatoya3(港屋3)で肉そばを食べてきた【プチ贅沢な気分になれる】

Pocket

今回はあのラー油を蕎麦に入れ始めた蕎麦屋さんである港屋の第三号店である乃木坂のMinatoya3で肉そばを食べてきました。

場所


千代田線 乃木坂駅徒歩5分ぐらい

店の外観

営業時間

※詳しくは店のHPを書くにしてください。

メニュー

Minatoya 3 Vision “Mercedes-AMG GT Atatakai-Nikusoba” 1000円
※要するに、つけ蕎麦です。

今回訪問時には他にメニューはありませんでしたが、
ホームページを見ると他にナイトメニューがあるそうです。

店のHP

店の利用方法

1.入口を探す。
※非常にわかりにくいですが、下記写真を参考にしてください。


2.レジの前で店員を待つ。
3.店員が来たら先にお会計。
4.札を貰って自由に席に座る。
5.着丼
6.食べたかについて説明があるので参考にして食べる。
7.食器を戻して退店。





今回のレポっす

2021年7月11日
最近よく『なぜ蕎麦にラー油を入れるのか』という蕎麦屋に行っているのですが、
どうやら、この蕎麦にラー油を入れるという発想は港屋という蕎麦屋が発祥らしい。

と言うわけで行ってみたいところだが、
残念ながら港屋は既に閉店しているらしい……

しかし、最近知ったのだが、
なんとその港屋がいつの間にか乃木坂のベンツのショールームに復活しているという情報を聞いたのでさっそく行ってみた。

時刻は13時少し前。
始めて乃木坂に来たので道もよくわからずグーグルマップを参考にしてメルセデスベンツのショールームらしき建物のところまで到着。

事前に調べた情報によるとベンツのショールームの中に
港屋があるらしい。

さっそくショールームに入ってみるも、
それらしきテナントとはない……

仕方ないので、外をウロチョロしていると少し奥まったところに建物を発見。

そちらに行く人がいたので着いていってみると蕎麦屋を発見した。

店内は空いていたのであるがスタッフが少なかったのか、
入店待ちの人が一人。

5分ぐらい待つと、
スタッフがやってきて
先にお会計。

番号札を渡されて
ご自由な席にどうぞ
という事で着席。

ベンツのショールームというだけあって、
番号札はこんな感じで結構おしゃれ。

撮影していいのかわからなかったので、店内は撮影しなかったが店内も同様におしゃれな雰囲気だった。

10分ぐらい待つと待望のお蕎麦が到着。

写真はMinatoya 3 Vision “Mercedes-AMG GT Atatakai-Nikusoba”

この店たった一つのメニューである。

うひょーこれは旨そう!

さっそく、麺を食べてみる。

見た目は中華麺。
されどよく見るとしっかり蕎麦となっており、
かたさはややカタメ。

方向性は冷麺の麺の硬さ。

『なぜ蕎麦にラー油を入れるのか』とは全くの別物。

何も混ぜない状態で汁を少し堪能すると汁自体の味はやや甘め。

しかしネギの上に降りかかる山椒を混ぜてすするとかなりピリ辛。

山椒が苦手な人には辛い辛さかもしれないが個人的には結構好き。

甘さの理由は汁の中に大量に鎮座する豚バラか?

豚バラがふんだんに詰められておりラーメンでいうところのチャーシュー替わりになってナイスな肉そば汁!食い手を飽きさせない。

この汁に蕎麦を入れて食べると旨いのぞこれは!

ブログ主は基本的に蕎麦をあまり食べに行かないタイプだから
この蕎麦の味は超新感覚。

これは旨い。

そして、汁に卵を投入。

ややマイルドになって、ナイス味変。

最後は蕎麦粉汁によるスープ割。

最高の出汁が出た汁を飲み干して大満足。
ごちそーさまでした。

食器がベンツなのがまたポイント高いプチ贅沢な気分に浸れる店だったわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)