ひぐらし業を全話見て、2004年からのひぐらし厨が改めて感想や考察をまとめてみた。【ひぐらし卒に向けて】

Pocket

ひぐらし業が全24話終わったわけで
改めて語りたくなったわけですわ。

と言うわけで、
駄文です。

当初はリメイクじゃないか?
と思わせて始まったひぐらし業。

制作会社が変わったから不安だったけど、
結局は竜騎士のシナリオの出来具合がポイントであって、
演出が下手とかではない限り、どこでもいいっちゃいいのか……
変更による違和感は、そこまで気にならなかったな。

キャラデザは個人的には解が好きだが、そこは仕方ないか……
それにひぐらしって作品ごとにデザインが違うしな~

シナリオの出来に関しては
原作の方のひぐらし10作目である奉があまりにも出来が酷く、
竜騎士才能枯れた?とか思っていたので、
業の出来に関しては大興奮そのものでした。

ひぐらしって本当によく出来ている物語で
鬼騙し編~祟騙し編なんて、原作とほとんどシナリオが一緒なのにも関わらず、
少し変わっただけであそこまで面白いんだから、
とんでもない化け物コンテンツだと改めて実感しますよ。

考察について
猫騙し&郷壊し編が来るまでは色々旧作信者たちが主に鬼騙し~祟騙しについて考察するわけですが、
あの考察合戦は原作をリアルタイムでプレイしていた時の興奮を思い出しました。

当時公式のページなどで
雛見沢大災害を引き起こしたのは沙都子等、
沙都子黒幕説とか大量にあった記憶がありますが
色々考えていた当時の記憶がよみがえりましたもの。

さて、考察といえば
24話が終わった時点で
業に関する主要なブログ主が考えている現時点での考察を
まとめてみたいと思います。



 

鬼騙し編の真相

24話で明確に沙都子がH173を持ち出し一人を必ず発症させることが出来るようになったのが確定したので
レナが沙都子に盛られたというのが、ほぼ間違いないでしょう。

24話ではループの影響で
ルールXYZは崩壊して
以前のカケラの失敗は二度と起こらないとなったが、
H173を投与した場合は逆に繰り返してしまうと考えた方が妥当か?

盛られたのはレナと沙都子が二人っきりになったところか?

圭一は鬼隠しルートにいきそうだったけど、
過去のカケラの影響と梨花ちゃまの力助けのおかげで回避したと……

しかし、レナは沙都子に盛られたのでH173の影響で疑心暗鬼になってしまったと……

H173は投与された直後に急性発症して、その場で錯乱して暴れまわった後喉を掻き毟るんじゃないの?って思うのだけど、
投与された例が原作だと富竹だけだし、
そもそも沙都子は逆に普段から治療薬を持っていることもあって複合投与したら症状を緩和できる可能性もあるな……

だから、投与から発症まで時間がかかったのかも?と考えよう……

梨花ちゃまと沙都子の物語の裏での負けイベは説明不要で、
圭一が最後に喉が痒くなったのは、普通に雛見沢症候群の発症、ナースの言葉は雛見沢症候群の発症の確認ってだけだろう。

綿騙し編

正直、綿騙し編が一番謎が解けないんだよな~

梨花ちゃま便槽事件は
魅音犯行説が世間一般的な流れだし、盛るとしたら沙都子が魅音に玩具屋から出ていくところに盛るという意見が多い。

ただ、個人的には
詩音犯行説の方が高い気がするな~

H173を投与すると過去の失敗を繰り返すとしたら
詩音の可能性の方が高い…

詩音は沙都子の自称姉だから盛るタイミングなんていつでもあるだろうしな。

魅音に扮して登校した詩音が梨花ちゃまを〇害(これは沙都子の想定外)、
公由村長と鬼婆は原作通りに〇亡、
ただし、原作と同様に監禁されていたであろう魅音に返り討ちにされて
詩音が井戸の底へ、
魅音が圭一を監禁した後、
梨花ちゃまが消えてしまったので確認のために園崎本家へ…
本家で沙都子対魅音が発生し、沙都子勝利。

沙都子は拳銃で次のループへ……

ってところかな?

祟騙し編

虐待はなかったというのが回答としてでているわけで、
大石がその事も知っていたのだから、
大石が茶番だというのは、そういうことだわさ。

鉄平対圭一は
何故鉄平がその場にいたかと言うと
鉄平は容疑がないわけだから事情聴取で終わりで、家に帰ってきたと……

北条家の人間は嫌われているから綿流しのお祭りにわざわざ家を出ることはない。

そんな中で圭一が来たら
そりゃ鉄平に襲われる。

圭一は沙都子との仲を引き裂く代表だし、
過去のカケラから圭一に鉄平が〇されるルートも見ている事だろう……

圭一が襲われない理由がない……

沙都子が圭一に渡そうとしたものってのは何かはわからないがな……

もしかしたら、ここで圭一に盛ろうとしていたのかもしれないな……

大石が盛られたタイミングを考える王道のパターンは児童相談所の職員と来た時だが、
別に祭り中にパトロールしている大石を狙って沙都子が盛ることも可能だ。

猫騙し編

赤坂発症、茜さん発症、公由発症、圭一発症の内、
赤坂と圭一は簡単に盛れそう。

茜さん発症、公由発症はどうやって沙都子が近づいたか
そもそも近づけるのか疑問だが、ここはさすがに描写不足で考えようのないこと……

最後の沙都子発症?は、
自分が喉を掻き毟っている事から
あえて自分に投与したかもしれないし、
そもそもシラフでやっている可能性も高い。

6週目で何も事件が起きなかったのは、
24話でルールXYZが全て崩壊しているのだから、そりゃ何も起こることはない……

しかも沙都子的には梨花ちゃまを完全に屈服させていると考えているのだから
起こす必要もない。

ただし、猫騙し編の最後で沙都子が銃を取り出したのは
梨花ちゃまをバレてから数時間以内に〇せば、
沙都子黒幕説がバレることはないから銃口を向けたという事。

梨花ちゃまが羽入の残り香のパワーで全記憶保持が出来るようになったことは
沙都子は知らないだろうし

考察はこんなところかな~
郷壊しは実質回答編なので割愛。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)