旨いの不味いの?かつては間違いなく旨かったが…東京チカラめし新宿西口一号店で焼き牛重特盛を食べてきた。

Pocket

2020年11月30日。
東京チカラめしに行ってきた。

2011年ぐらいだっただろうか?
チカラめしがブームになる前に新宿西口で始めて食べた時は旨さに感動し、これから焼き牛丼ブームが来るな。と感じていた。

その後、ブログ主の感想通りに東京チカラめしは急激に店舗を拡大しブームに……
一時は100店舗を構えるほど急成長を見せる。

が、すぐに急激に失速、今となっては東京、千葉、大阪の5店舗以外は全てへ移転してしまった。

ブログ主な目線としては
品質の低下、従業員の教育不足によるオペレーションの問題、食器の汚さ、店舗の汚さ等があり、
不人気になったのだろうと思っている。

実際に、某店舗では牛丼一杯に40~60分程度かかったこともあったしな……

しかも待った挙句に出てきた牛丼は肉は焦げ焦げで、米はアブラまみれでゲロマズだった記憶がある。

それ以来行っていなかったのだが、
本日、新宿に行ったところ、行きたかったラーメン店が閉店してたり、混雑していた関係で、
ちょうど空いていた東京チカラめしに入ってみた。

入店してみると、
以前とは随分と違う内装になっている気がする。なんか高級感がある?

改装したのか?

とりあえず、食券を購入。

今回は焼き牛重の特盛にした。




で、席に着き提供まで待つ。

その間にコップなどを確認。

以前はアブラがついていたり、ゴミが付いたままだったり、
本当に食洗器に通したのかよ?と思うようなコップばかりが並んでいたが、
今は雰囲気だけは高級店にシフトしただけあって、ちゃんとしている。

そこは安心した。

着席してから10分経たないぐらいの時間が経ってから、商品が到着。


写真が焼き牛重の特盛。
980円也

ガリが付いている???

以前は付いていたっけ?
記憶はない。

山椒とゴマもついてきた。

うーん。蓋を開けて中を確認するも、少なくとも以前の様な衛生面の不安もない。

そもそも、以前は重箱だったっけ?

重箱にすることによって高級感はましたし、何故か不衛生感も消えた。

牛丼店で、10分と言う提供スピードには少し不満もあれど、まあ妥協できる範囲。

さっそく食べてみる。

……the普通。

不味くはないが、凄く旨いわけではない。

非常に普通。

肉はもうちょっと柔らかいとよかったな~と感じる。

御飯も普通。可もなく不可もなく。

味変のために、山椒を振りかけるも、山椒が弱すぎて、全然山椒の味がしない。

ついでにいうとゴマも出が悪いから、いまいち降りかからない。

油分の中でガリはナイスだし、みそ汁はワカメがしっかり入っておりまあまあ有能感はある。

かつてと比べると企業努力は認められるな~

ただ、これで980円は正直高い。

特に前日にブログ主は、これとは比べ物にならないほどに旨い豚丼を800で食べているから、特に感じるな~

特盛だけあって、ジロリアンでもまあまあ満足できるボリュームがあったことを考慮すると
半額なら満足、680~780円だったら妥当かな~ぐらいな感じでした。

ごちそうさまでした。

場所

東京都新宿区西新宿1-15-3 オムニクスビル1F

東京チカラめしのホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)