雑記 自作PCを作ってみた。その感想と使用したケースThermaltake CA-1J5-00M1WN-01について語る。

Pocket

この記事の続きです。

前回色々考えた挙句、
再考しようとか考えていた自作PCの件。

ドスパラの通販で全部注文して購入した。

構成は下記の通り。
【CPU】 Intel Core i7 9700K BOX
【CPUファン】 Scythe(サイズ) SCKTT-2000 (虎徹 MarkII)
【マザーボード】ASRock Z390 Pro4 (Z390 1151 ATX)
【メモリー】 Corsair CMK16GX4M2A2666C16 (DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組)
【ストレージ1】Samsung 970EVO Plus MZ-V7S500B/IT (500GB)
【ストレージ2】TOSHIBA DT01ACA200 バルク (2TB)
【グラフィックボード】ASUS DUAL-RTX2060-O6G-EVO (GeForceRTX2060 6GB)
【光学ドライブ】日立LGデータストレージ GH24NSD5.AXJU1HB (SATA スーパーマルチDVD 24倍速 ブラック)
【電源】 Antec NE750 GOLD (750W)
【ケース】 Thermaltake CA-1J5-00M1WN-01 (Versa H26アクリルパネル ATX ブラック)
【OS】 Microsoft 【64bit】 Windows 10 Pro 日本語DVD (DSP)

で、できたものは、こんな感じ。

ん?せっかくだから、作成途中の写真とか載せたら?と思うかもしれない。

……実は作業の動画でフルで撮影していたんだが、
熱暴走か何かのエラーですべて吹っ飛んでしまった……

滅多に動画とか取らないのに、なれないことするから…

完成写真もなんかすごく半端なものだし……
これは、試し撮りしたものでして、
実機は目の前にあるんだけど、自宅のスペース的な関係で取り出しにくい位置にしまってしまった……

まあ、当ブログで本記事を閲覧される方は少ないと思うので、
別にいいかな?というレベル。

作ってみた感想だけど、
ケース(Thermaltake CA-1J5-00M1WN-01)に関しては正直失敗したな~という印象。
一応、問題点でもまとめてみましょうか。



ケース Thermaltake CA-1J5-00M1WN-01の問題点

このケースを選んだ理由は、正直ドスパラで一番売れていたからという理由だけで、
正直ブログ主はLEDで光らせるというには興味がないので、ぶっちゃけケースなんてなんでもよかった。

まあ、売れているから安心だろう。ぐらいにしか思わず調べもせずに買ってしまった。

問題点1 安いケースあるあるだけど、とにかくビスが締まらない。

正直、ここまでビスが締まらないのか?というレベルでマザーボードの固定ができない。
マザーボードをケースに取り付けるだけで、2時間以上を要した。
たった7カ所ビスを止めるだけだよ?
一応ブログ主は大学は機械科出身なので、
一般の人に比べればこういう工作は得意なほうだけど、それで2時間以上必要。
ねじ穴の中に塗料が詰まっているのか、マザーボードなしで一回ビス止めしてねじ穴を綺麗にしないと絶対にはまりません。
それでも数ミクロン単位で絶妙な位置にマザーボードを置かないと固定できませんが……

問題点2 グラフィックボードを取り付けるブラケット(?)スロットカバー(?)部分が粗悪すぎる

ブラケットというのかスロットカバーというのかわからないけど、
ケース後部のHDMI端子などを出す部分ですが、
かなりグラグラでグラフィックボード等の固定がいまいち上手くできない。

なんかグラボを取り付けると、
ケースが全くグラボを支えてくれず、
マザーボードのpciスロットがグラボ全体を支えている感じがする。

おかげでグラボがものすごくたわんでいます。。。。。。。

問題点3 HDDが2個しか取り付けられない。

正直、これは下調べが足りなかった。
実際、そこまでHDDは使わないし、今回のシステムドライブはM.2接続のSSDだから、いいっちゃいいんだけどさ…
さすがに少なすぎじゃないか?と言いたい。
あと、HDDまわりの配線が結構ケーブルに無理がある配線しかできないのも難点だな~

3番は別として
結局、今回の自作はOSセットアップなしで、
最小構成での起動チェックもせずに
完成させてからbios起動確認をしたのにも関わらず、
総組立に9時間も要してしまったよ……

これはブログ主の自作経験の中でも飛びぬけて最長。

しかも、裏配線とか、いつもは配線にこだわるんだけど、
もう途中から疲れて、もうグチャグチャでいいや~と妥協して、このタイム。

おせぇ~

当初、大目に見ても3時間ぐらいで終わると思ってやっていたから、
そりゃカメラも熱暴走でバグるわけですよ……

今まで、ケースを購入する際は
友人に勧められていいもの使っていたから気が付かなかったけど、
ケースってのは入ればいいもんだってわけじゃないんだな~とつくづく学んだわ。

このケース粗悪品過ぎて、すぐ壊れそう……
その内、買い替えないとグラボが壊れるだろうな~

安物買いの銭失いとはまさにこのことでした。

……なんで、このケースがドスパラで一番売れていたのか?ものすごく疑問です。

……実はブログ主は無理矢理なんとかしちゃったけど、不良品だったりして笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)