1903に戻らないの?windows10 1909を中小企業情報システム担当が検証。ウイルスバスターも未対応だけど…

Pocket

windows10 1909が2019年11月13日に配信された。

1909の主な新機能は下記のリンクのマイクロソフト公式にまとめられております。

まあ、正直興味ないよね。
win10の新機能で役に立った機能なんて過去にないし……

特に情報システム部門の人間としては
安定して動作するか?ということがポイントであって、
ぶっちゃけ、どうでもいいんだよね。

というわけで、本記事では中小企業の情シスが1909に関して調査してみる記事といたします。

ブログ主は、特に用事があったわけではないのだけど
偶然にもちょうど事前に午後半休を取っていたので、
ちょっと個人的に検証したぞ。



 

アップデートにかかった方法

更新とセキュリティより更新の確認を行ったところ
『オプション』に1909が落ちてきたので、それを手動でインストール。

アップデートにかかった時間

まず、アップデートにかかった時間は
1809から1903へアップデートする際には2時間近くかかったりするものがポツポツあったけど、
今回の1903から1909へアップデートするのには数分しかかからなかった。
ブログ主の環境ではアップデートかけて、
トイレに行って帰ってきたら終わってたよ笑

設定のリセットは?

一応見た限りは、1903とは変更はない。

細かい設定も従来の大型アップデートでは
設定が戻ったりしていたが、
今回は見られなかった。

これは、メリットでもありデメリットでもあるかな?
設定が狂ってしまって、戻せなくなったときに強引にアップデートをして突破するという技が使えなくなったしまった。
ただ、そんな技を使用するのは実際問題としては稀なので、大局を見れば設定修正の作業が減るのでラッキーか。

ウイルスバスターは?

1803から1809へアップデートした際だっただろうか?
ウイルスバスターコーポレートエディションXG1が対応していなかったために
OSの動作が非常に重くなるという事態が起きた。

今回はアップデートしたところ、そのような現象は起きなかった。

一点注意が必要である。
トレンドマイクロの公式を確認すると
実は公式に1909(November 2019 update)には対応していないと書いてあるのである。

ソースはこちら

なので、アップデートする際は注意が必要である。

なお、現在(11月13日時点)の情報ではXG SP1は2019年11月下旬~12月上旬らしい。
過去の傾向から言って、実際にはこれより早く対応するとは思うが……

ちなみに、1809から1903へアップデートする際に
ウイルスバスターが未対応だった時は、
『更新を続けるのであれば、ウイルスバスターを削除してください。』
的な文言が出て、アップデートを妨害してくれたが、今回はなかった。



 

前のバージョンに戻せない?(『前のバージョンのwindows10に戻す』が選択できない)

常識的に考えて、こんなこと起こるわけないだろ?と思うので、
いわゆる俺環かもしれないが、間違いなく下記の画像のように1909にアップデートしたのにも関わらず

下の画像のように、『以前のバージョンに戻す』が選択できないという現象が発生した。

正直、これ致命傷じゃないかな???

幸い、これを実証したPCは
ロースペックで、年に数回しか使わない様なオンボロのレノボ製PCだったため、
特に不自由はしないが、これが実際に本番環境で生じたら、不具合対応が一切できなくなる。

ただ、これはツイッターを見た限り、
同じことをつぶやいている人はいないので
再現性がないかもしれないです。
ちょっと謎。

結論

というわけでして、
今回は、現状ブログ主が見つけた限りは
こんな感じ。

『前のバージョンに戻す』が選択できない問題以外は
まったく普段の月例更新と変わらないようなレベルですね。

ただ、まあ、現状情報が全く出そろっていませんので、
アップデートのおすすめは決してしませんよ。

ブログ主の環境では出現しませんでしたが、
wifiやグラボのドライバが対応していないとかたくさん出ると思うので
各種が出そろうまで待ちましょう。

個人的な感覚ですが、
最低でも2,3か月は待った方がいいのではないかと思います。

追記 20191126
完全に余談ですが、
1909はKB4517245が本体なので、1903へ戻すときはKB4517245をアンインストールしたら戻るようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)