情シスから見たcore i5 9400F

Pocket

core i5 9400Fが2月1日より発売になったそうです。

core i5 9400Fの特徴は???

代表的なところとしては
・i GPUが使えなくなった。
・vProがなくなった。


情シス的な目線

vProを廃止されたら社内で遠隔で電源オンが出来ないやん。
遠隔地の休日作業で、パソコンを起動させたまま帰宅をお願いしたのに消して帰っちゃった人対策が出来ないやん。
話にならん。

ちゅーか、i GPUが廃止されたということはオンボードで処理が出来ないやん。
グラボが壊れたら一発でオシマイとか、リスク管理的にも検討の余地にすら入らんやん。

という感じ。

当然、第九世代cpuなので、メルトダウンとスぺクター対策はしてあるというのはありますが、
第八世代以下でもどうせウイルスバスターとかで対策はされていますし、windows updateでも出てますし…
スペックも第八世代i5と比べても大きく変わらないから、言うほどメリットはない……

ぶっちゃけたことを言うと
恐らく世界的に不足しているintel製cpuの供給力アップのための商品ですよね。

win7のサポート切れも来年早々にあるし…
PCの需要もあるから無理矢理投入した感が満載。

けど、これならRizenを入れた方がいいような…

完全、個人向けで、しかもマニア向けですね。

御礼
当ブログにリンクを貼ってくださったブログ様がありました。
お礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)