共有フォルダに接続できない???

Pocket

2019年1月10日追記
この記事が急上昇しております。
恐らく、これを閲覧されている多くの方々が必要としている情報は本記事の最後に貼られているリンクの内容かと思いますので、ご一読されていただければ幸いです。

以下 本文。

ある一台のPCからSCANが出来ないという連絡が入った。

 

環境は

win10pro 64bit 1709(RS3)

CPU i5 第6世代

メモリ8G

 

早速調査に向かったところ再起動してみてもダメだった。

 

うーん。謎ぃ。

 

よくよく調べていくと他のPCから問題のPCの共有フォルダにアクセス出来ないことが判明。

このようなエラーが表示された。

特定しようと診断をすると

エラーコードが出なかったり

エラーコード:0x80070035ネットワークパスが見つかりません

と出たり…

 

試しに問題のPCで共有フォルダを作り直してみるも、解決せず…

ホームグループが削除された件が影響している?いや、、、しかし関係なくない?

結果、理解不能の症状に数日調査時間が必要になった。



試した事

トラブルが発生したPCの使用者は社内でも有数のコンピュータに詳しい人物(以前勤めていた会社でシステム担当者だったことがある)だったため、話を信用してしまったのだが、本人がOSのバージョンを1803と言っていた。…実際に調べたら1709で本人がバージョンアップしたと思い込んでいたのだが…

そのため、web上やマイクロソフトコミュニティ(以下MSコミュニティ)にて情報を1803を基準に調査してしまった。

1.MSコミュニティにて

windows10 1803にのエクスプローラで、ローカルネットワーク上の他のデバイスや共有フォルダを検知できない場合があります。

という質問を見つけた。

実際に起きている症状とは少し異なるが、打つ手が思いつかないのでダメ元でやってみた。

画面の右下の田マーク(windowsのロゴ)を右クリック。

『ファイル名を指定して実行』

『services.msc』と入力し、『OK』を押す。

サービス(ローカル)の一覧で下記のものを、それぞれ右クリックでプロパティを開き、スタートアップの種類を自動(遅延開始)にして適用する。

•Computer Browser (Browser)
•Function Discovery Provider Host (FDPHost)
•Function Discovery Resource Publication (FDResPub)
•Network Connections (NetMan)
•UPnP Device Host (UPnPHost)
•Peer Name Resolution Protocol (PNRPSvc)
•Peer Networking Grouping (P2PSvc)
•Peer Networking Identity Manager (P2PIMSvc)

終わったら再起動。

結果。

残念ながら治らなかった。

 

2.脆弱性対策で機能を外されたSMB1.0のの有効化。

ランサムウェア対策で、マイクロソフトがSMB1.0という機能を切ってしまった。

細かい話は検索してもらうとして、SMB1.0を無効にされると古いNAS等から接続できなくなるのである。

これが直接関係しているとは思えないが、念のため確認してみた。

やり方は下記のサイトが詳しい。

実際に『windowsの機能の有効化または無効化』を見てみると

『SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート』のチェックボックスからチェックが外れていた。

有効にする。

結果…

解決せず…

 

3.パスワードの保護共有の有効化

該当PCはドメイン環境で設定されているPCのため、これが問題になることはないはずなのだが、

ドメインから抜けて、やけくそ気味にやってみた。

※そもそも、現象として、そういう段階ですらないが…

趣旨とはそぐわない余計な事も書いているが、やり方はココが詳しい。

 

結果

そりゃ、当然ダメだ。

これは流石にわかっていた。けど、どうしても問題が生じているPCの所有者が試してほしいと言ってきたからやっただけです・・・・

 



最終的に、どうなったか?

色々なパターンを試すも一切の効果がなし、、、

同時期に買った構成も全く一緒のPCでは症状が起きていないので

原因不明として、最終手段であるOSの再インストールも視野に入れる必要が出てきていた。

ただ、リモートデスクトップで問題のPCに接続出来たり、逆に問題のPCから他のPCの共有フォルダやファイルサーバーに接続できるのが不可思議であった。

 

それから数日後、別の要件でアクティブディレクトリをいじっていた際に、問題のPCが何故かver1803が適用されておらず、1709となっていることに気が付く…

10月にver1809が登場すると、同時に1803が消えてしまうと思われるので、慌てて適用。

すると不思議な事に…

治った……

 

????

 

そんな馬鹿な~

原因はver1709だった?それともメジャーアップデートによりレジストリや設定等がきれいになったのかもしれない。

ただ、MSコミュニティでやたらと似たトラブルを抱えている人が多いのが若干不思議。

果たして、なんか因果関係があるのか…不思議だ。

まあ、似た症状が出ている人は試してみるのもいいかもね!

追記2019年1月10日
windows7でお困りのかたは
こちらの記事もご確認いただければ幸いです。

 

追記20190409

共有フォルダには接続できるけどスキャンが取り込めない企業向けの対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)