中華そば しば田

Pocket




東京都調布市仙川のラーメン屋しば田に4月28日に行ってきた。

仙川といっても、駅からかなり距離がある。

知っている人にしかわからない説明をすると仙川の商店街を抜けて、

フルメタルパニックの舞台でちょっと有名な神代高校の前を通って、

信号左で、細道をまっすぐ行き、左側にドミノピザがある通りまで付いたら信号わたって右側に行けばある店。

 

わかりにくい説明。詳しくは食べログでも見てちょ。(説明放棄)

時刻は14時頃に行ったのだが、それなりに列があり

20分~30分ぐらい待つと店員が入店の案内をしてくれ、入店。

 

店の左通路の真ん中あたりにある食券機で買うシステムになっており、

味玉チャーシュー中華そば 大盛とした。

 

そして店員の一名に席を指定されて、そこで待つ。

 

そして数分後に着丼した。

 

写真は味玉チャーシュー中華そば 大盛り

 

まずはスープを飲む。

これは魚介か???鳥の風味も感じるような???気のせい?醤油が強い。

チャーシューを食べる。

ほう…

ローストポークと言ったらいいのか???

よくあるラーメン店の出来合いパサチャーシューとは違う味わい。

こだわりの一品。

麺。

三河屋製麺の番重があったことから三河屋製麺製だと思うが、

ストレートの細麺で小麦粉の風味もしっかり感じさせるスープにマッチする麺。

メンマ

味付きのこのラーメンにベストマッチのもの。

たまご

半生な味付きがしっかりしたもの。

 

全体的に見て、とびぬけて旨いというわけではないが

どれもこれもこだわりの素材を使い妥協点の見えないベストマッチ感を感じさせる。

丁寧で丁寧で魂を感じさせ、

店主にとってはこれこそ最高のラーメンだといえる衝撃を味わえるラーメンだった。

素晴らしい魂の一品。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)