志賀高原 横手山スキー場で春スキー

Pocket




こんな日記を一か月たってから書くのも何だけど、

3月14日に志賀高原の熊の湯・横手山・渋峠スキー場に日帰りで行ってまいりました。

↓横手山・渋峠スキー場のHP

日本一標高が高いスキー場らしい。

ホームページ曰く…

 

 

春スキーなので
標高が高ければ雪あるだろうという勝手なイメージで行ったのよん

 

行ったことなくても志賀高原ならなんとかなるだろうというテキトー感もあった笑

 

さて、感想。

志賀高原スキー場群は複数(16?)のスキー場があるのだけど、

全部がつながっているわけではなく

どこも3つぐらいのスキー場がつながっていて、

志賀高原の他のスキー場に行きたいのならば車で移動してくださいというスタイル。

 

ブログ主は熊の湯スキー場から滑ることにした。

まず、行って驚いた事。

友達がレンタルスキーを借りなきゃ滑れなかったのだけどレンタル場がない。

 

……いやマジでよ。

困ったから、仕方なくパトロールセンターに行ったら、、、、

ここがレンタルショップ兼ねてます

って言われた。

レンタルの暖簾をかけてなく、

パトロールセンターがレンタルスキー屋・・・・

 

初見でわかるかっ!!!

 

そして、道具を借りたら、リフト券売り場へ・・・

 

 

・熊の湯だけの券

・熊の湯、横手山、渋峠、3スキー場共通券

・ナイター券

の選択しがあった。

 

ナイター券は早く買うと割安らしい。

 

ナイターはやりたいな~

全部のスキー場は滑りたいな~

 

と考えて、全志賀高原スキー場に移動できる券とナイター券を購入した。

…先に言うとこれを買うのは大きな間違いである。

熊の湯、横手山、渋峠の3スキー場を滑ると、時間的に他のスキー場に行けない。

このスキー場は高速リフトがないのだ。

リフトが異様に遅いため、どうあがいても3スキー場を滑ったら他へ行く時間はないのだ。

そして、ナイター券。

午後の営業は16時45分で終了する。

ナイターは18時30分から開始する。

待つ時間が発生する。

そして、待つ場所はない。

日帰りの場合、車で待つしかないのである。

……ぶっちゃけ待ってられらない。

結局、ナイター券を買ったけど、使わないで帰ってきた。

結構罠である。

…説明が欲しいよな~

 

さて、スキーの環境に関しては

春スキーのためか氷の上をすべるスキーみたい。

スケート???って感じ。

標高高すぎて、溶けた雪がすべて凍っているって感じ。

 

景色はいい景色。

こんな感じ。

雲の上の山で天空のスキーを楽しめる。

景色だけは無敵のスキー場たったな~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)