野郎ラーメン

Pocket


出来た当初2、3回食べたが、残念な出来だったので行かなかったが
何年経っても混んでるので行ってみた。
写真は豚野郎ラーメン大盛り
麺の種類が選べるので極太を選択。

野郎の特徴は
上に乗るヤサイが炒められている点。
お陰で、ヤサイに関しては味付けがシッカリしてる。
ヤサイに関しては丸。
豚。
以前食べた時は、シーチキンの様なパサパサ感で、ゴムの様な食感で厚みも極厚で最低だったと記憶してるが、今回食べた限り、そのような事はなくなっていた。
ただ、不味くはないだけで特に評価するところもない。
味付けはしっかりしてるが、、、
あと肉厚が二郎系にしてはかなり薄い。
麺。
、、、小麦粉の味はするが、甘いわけではない。
また、ストレートとは言い難い、平打で毛羽立っている麺。
薔薇の棘みたいに無数のささくれが出来た麺といえばわかりやすいか、、、
微妙。
スープ。
乳化度非常に高め。
多摩系(小金井系)二郎を彷彿とさせる。
マイルドでクリーミィ。
非常に美味。
若干、パンチの弱さも感じるが、卓上カネシ(パンチ汁)で調整も可。
二郎本家を含む二郎系の卓上カネシは役に立たない事が多いが珍しく役に立つ。
久々に神インスパイア。
高評価はスープだけども、インスパイアで、ここまでのレベルに達せられるのは素晴らしいの一言。
ただ、乳化度高め過ぎて、これじゃあ、ブレやすいな。
何回も行ってたら、その内大ハズレを引きそう、、、



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)