【共有プリンタで印刷できない不具合発生中】2021年10月期window update KB5006670を中小企業情シスが試してみた【win10環境】

Pocket

2021年10月13日は月例のwindows updateの日です。

というわけで本記事ではwindows10環境の更新プログラムについて確認していきましょう。

2004、20H2、21H1環境KB5006670

マイクロソフト公式の案内はコチラです。

今回のハイライトは

・Windowsオペレーティングシステムのセキュリティを更新します。

※公式より翻訳したものをコピペ
だけの様です。

判明済みの不具合は
旧Edgeに関する不具合、更新プログラムを適用できない不具合
の様です。

不具合に見舞われている方は公式サイトをご確認ください。




中小企業情シスからの一言

さて、実質ここからが本編です。

今回は大きなアップデートのポイントはありませんでしたが10月1日配布のオプションで色々更新点がありましたから、
オプション分をスキップした多くの人には、下記の分の更新内容も含まれていますね。

まあ、windows11の配布も先日から始まりましたし、
10は最新のOSではなくなってしまいましたので、
これからはどんどんマイクロソフトから見捨てられていくOSになっていくことでしょうが……

XP、vista、7も最後の方のサポートのテキトーっぷりはひどかったですしね……

だからと言って、登場したばかりの11は対応しているソフトも少ない、officeは2013が対応外など問題が山積みなので
アップグレードするべきではないですが……

話が、それてしまいましたが、KB5006670をさっそく試してみました。

今回の環境は自作PCで、環境は21H1です。

まずはブログ主の環境では更新プログラムのインストールが出来ない不具合はありませんでした。

適用にかかる時間もブログ主の環境では1分程度でした。

先月問題になった共有プリンタに関してですが、
ブログ主の環境では共有プリンタを使用する環境がないんですよね……

申し訳ない。

もし発生した場合は、色々調べる前に更新プログラムをまずは削除するのが一番でしょう。

大量に同じような方が出たら、そのうちマイクロソフトが修正するプログラムを配布してくれるはずです。

追記20211014

ツイッターを見ていると、まさにブログ主が試していなかった共有プリンタでの不具合が発生している様です。

なんか色々と対処方法があるみたいですが、
一番シンプルなのはKB5006670のアンインストールだと思われます。

それでもダメな場合はKB5005611(※10月1日配布分のオプション扱いなのでインストールしていない人が多数)やKB5005565(9月15日配布の9月期のアップデート)を削除してみるといいのではないかと思われます。

なお、当然の事ですが、更新プログラムをアンインストールする=脆弱性の問題が出るなので、ご理解の上でアンインストールをする場合は実施したほうが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)