ブルースクリーンを回避!緊急配信KB5001028。KB4601315を適用するとブルースクリーンになるから回避用プログラムが配布される。

Pocket

windows10 1909環境向けにKB5001028が緊急公開されたそうです。

マイクロソフト公式の案内はコチラ。

プログラムの内容はWPA3接続をするとデバイスが動作しなくなり、ブルースクリーンになるという不具合を修正するものとのこと。

なお、この障害の発生する条件はwindows10 1909環境で2月9日配布のKB4601315もしくは1月21日配布のKB4598298を適用とのこと。

1月21日のKB4598298はオプションなので適用している方は少ないと思いますが、
2月9日のKB4601315は自動的に落ちてくるものなので適用している方は多いかと思います。

なお、このKB5001028を適用することにて発生する不具合は
ここ最近ではお馴染みですが
1809以降で大型アップデートをするとシステム証明及びユーザー証明が失われる可能性がある
という不具合が出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)