プリンターが使えない?IMEが使えない?officeが使えない?不具合だらけの2020年6月期のwindows update KB4557957 KB4498140 KB4561608

Pocket

2020年6月期の月例更新プログラムですが、大量に不具合情報が出ているようです。

windows10 2004環境KB4557957について
マイクロソフト公式の不具合情報まとめはコチラです。

1.IMEのバグで症状としては一部環境でIMEが漢字またはひらがなに変換できないとのこと。

一時的な回避策は下記リンクを参照してほしいとのこと。

ただ、KB4557957をアンインストールした方が速いし、今後の事を考えるとこの回避策を使用しない方がいい気がする。。。

2.プリンターからの印刷に失敗する。(PDFへの印刷なども含む)

対処方法はマイクロソフト公式では示されていません。

これと関連しているか不明ですが、
USB接続されているプリンタが認識できなくなる不具合も発生しているとか……

そちらはPCを起動する前にプリンタを起動しておけば対処できるという噂をチラホラ……

ブログ主は症状が発生する環境がないのでテストも出来ず本当かどうかわかりません。

ver.2004に総じて言えるのは、現状では不具合が多すぎるので
導入はまだ見送った方がいいということでしょうか。




windows10 1909and1903環境KB4560960について
マイクロソフト公式の不具合情報はコチラです。

1.以前書いた記事にありますように一部環境でインターネットにアクセスできない不具合が発生しております。

2.2004で発生している一部環境で発生しているPDFへの変換を含む一部プリンターから印刷が出来ない不具合が1909 1903でも発生しているようです。

なお、こちらはマイクロソフト公式から一時的な対処法に関しての案内がありません。

3.officeが開けない。

「Windowsで “c:\ program files \ microsoft office \ root \ office16 \ winword.exe”が見つかりません」的なエラーが表示されるようです。

原因はアバストやAVGと言ったアンチウイルスソフトが原因のようです。

公式では下記のリンクを参照するように案内がありました。

なお、アバストやAVGを更新すれば症状が解消されるようです。

windows10 1809環境KB4561608について

マイクロソフト公式の不具合情報まとめはコチラです。

1.言語パックのエラー

これは以前から発生しているエラーなので割愛

2.印刷が出来ない不具合

2004で発生している一部環境でのプリンタ不具合が発生しているようです。
1909同様に一時回避策は1809でも示されていません。

総括
不具合多すぎですね。
大型アップデートが配信された直後の最新バージョンはいつも不具合だらけなので、今に始まったことではありませんが、1909~1809に関してはいかがなものかと思います。

プリンタ関連に関しては症状が発生しているメーカーでドライバ情報を確認したほうがいいと思います。

今すぐ困っているわけではないのであれば、マイクロソフトの対応を待つ、もしくは今回の更新プログラムのアンインストールがいいでしょう。

追記2020年6月23日
プリンター不具合のパッチが来ていますね。

1903 1909環境のものはKB4567512

1809環境のものはKB4567513

です。

2004に関しては出てなさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)