つけ麺 どでん

Pocket

つけ麺 どでん
写真は、極どろつけめん大 & 豚増し
ある人に連れて行ってもらったつけ麺店。
埼玉新都心にある。
食券を買って店員に渡し、しばらく待つとつけ麺が到着した。



、、、えっ!?これは、、、、

つけ麺の麺。
つけダレ。
そして、別皿のアブラ。

、、、約束された勝利の脂。
別皿に添えられた味付きの脂ではないか、、、

インスパイア二郎でも超高レベルの富士丸(旧二郎赤羽店)。
そこの店では脂を別皿で提供し、麺と脂を絡めて食べる事ができる。
その脂が旨いのなんの。
脂の為に富士丸はあるといっても過言ではないのだ。

それと同じように脂が別皿で提供される。
期待できないわけがない!

早く食べたい!
これは間違いなく新次元の感動を喰らえるつけ麺だ!と言う興奮を押さえつつ、写真を撮り、いざ実食!

最初は麺を直接脂につけて食べてくれ的な店員の案内があったので、それに従う。

!!!!!!!?

うんめぇ~~~!!!!

なんと素晴らしい作品なんだ!

喰らう!早く!もっと!

今度は麺をつけ汁にくぐらせ、すする!

うおおおおおおぉぉぉぉぉ!!!

すんげぇ~!!!!

なんじゃこりゃーーーー!!!!

こっちはどうだ!!!
豚をつけ汁に浸して食べる!!!

うぉぉぉいっっっ!!!!

パーフェクトじゃんけ!!!

なんちゅー、凄い作品だ。

非の打ち所がない。

では、解説?

脂単体で箸ですくって食べてみると
富士丸の様で若干違う脂。

脂の中に広がるのは脂とともにやや甘さを感じさせる!

パンチがあるタイプではなく、まろやかさを感じさせる。

今まで食べたラーメンの脂のなかで、これほど旨い脂はあっただろうか?

別皿脂はサポート要因でしかない。

その常識をことごとく覆す!

はっきり言って、高見を目指さなければ、この脂をつけ汁と言い張って、つけ麺屋としてやっていくことも出来るほどの馬力を持つ。

それでも、これだけに頼らず、ちゃんとしたつけ汁を提供するのは驚異である。

つけ汁は超濃厚豚骨で、底の方は固体に近いぐらいの濃厚さを感じさせる。

麺は平打ちの自家製麺。

一本一本の太さが不揃いで、
あえてところどころ毛羽たたせている
固くしっかりした小麦粉の甘味を感じさせる麺である。
ゴワゴワしている。
と言った表現が一番しっくりくるだろうか?

この麺の不揃いさが汁に非常に上手くからんでくれる。

小麦の匂い、スープの味。

感動を呼び寄せるには十分な条件だ。

そして、豚!

固すぎず、柔らかすぎず、
しかし、ほぐしやすい赤身中心の豚。

つけ汁の中に浸し、しばらくして
食べると
うめぇ~

最後はつけ汁に麺を投入して、脂を上からかけて喰らう!

ウマーーー

場所は埼玉新都心。

家から一時間半程度でたどり着けるナイス場所にある。

また行こう。

絶対行こう。

赤羽二郎、富士丸本店、大宮二郎とアッチの方に行くと目移りしちゃいそうだけど
たま絶対行くべき店であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)